車・バイク関連

【ファンティック】オフロードモデル購入者を対象とした「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中

投稿日:

【ファンティック】初夏を楽しむ! オフロードモデル対象の「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中 メイン

【ファンティック】初夏を楽しむ! オフロードモデル対象の「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中 記事1

モータリスト合同会社が、オフロード用ギアバッグのプレゼントキャンペーンを2024年5月末まで実施中だ。同キャンペーンは、期間中に正規販売店でファンティックのオフロードモデルを購入したユーザーを対象に、ヘルメットからブーツまで収納できる超大型モーターサイクル・ギアバッグをプレゼントするというもの。詳細は最寄りのファンティック販売店に問い合わせてみよう。

FANTIC & オフで遊ぼう! Fanticのオフロードモデル購入のユーザーに、ギアバッグをプレゼント!

春~初夏のライディングシーズンを思いっきり楽しむキャンペーンを開始

2024年4月1日 - モータリスト合同会社(東京都大田区)は、独占輸入販売権を有するイタリアのモーターサイクルブランド、ファンティック社製のオフロードモデル購入のお客様向けにキャンペーンを実施する。

【ファンティック】初夏を楽しむ! オフロードモデル対象の「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中 記事2

ようやく春らしくなったタイミングをとらえ、初めてオフロードに親しもうというユーザーにそろえたてのライディングギアの整理にも使える超大型のモーターサイクル・ギアバッグ(市価42,000相当)をプレゼント。遊びの種類が増えると何かとアイテムが増えがちなライダーをサポートし、気軽にオフロードの世界に足を踏み入れていくユーザーをサポートしていく。

XEF125やXEF250 Trailといった公道走行が可能なトレールモデルを今もなお大切に用意するファンティックならではの企画だ。もちろん、レースに親しむライダーにはおなじみのギアバッグであり、XE300の様なレースコンペティションモデルのユーザーも対象となる。ぜひこの機会にファンティックライダーの一員に加わって林道やコース走行に親しんでいただきたい。

モータリストがこのキャンペーンのために特別に用意したのが、超大型のギアバッグ。黒地に赤のファンティック・コーポレートカラーにブランドロゴをデザイン。シンプルながら力強い意匠はファンティック・ライダーにも必ず気に入っていただける仕上がりだ。メインとサブ2室の合計3室を持つ構造は、ライディングギアやプロテクターを十分以上に飲み込み、さらにヘルメットやブーツをそれぞれ分けて収容することができる作り。余裕のある容量は着替えも十分に飲み込むから、泊りがけのコースライドやレースでも有効だ。

各室は大型のファスナーで開けやすく使いやすい仕上がりで、裏面には頑丈な樹脂製のバックパネルを装備。大型のローラー(タイヤ)も備え、着替えのための足置きにも使えるベロも装備するなど、トップブランドのギアバッグに引けを取らない作り込みだ。

キャンペーンは4月1日から開始し、5月末までの2か月間に対象車(XE50、XEF125、XEF250 Trail、XE300)を購入したユーザーにファンティック正規販売店を経由してプレゼントされる。なお、ファンティックのレースコンペティションモデルのユーザーにもキャンペーンは適用されるので、詳しくは販売店に問い合わせされたい。

モータリストではトレールモデルも含め、レース参戦のためのレンタルバイクを用意し、またレースサポートも充実させるなど、オフロードに親しむライダーを全面的に応援していく。

2024年度も独自イベント「スクランブラーミーティング」を開催し、敷居の低いオフロード遊びの楽しさを継続的に広めていく予定だ。スクランブラーミーティングは8月3-4日の週末、アサマレース場跡地で開催し、まったくのオフロード初心者が怖くなく走れるフラットダートを満喫できるイベントだ。こうした購入後の楽しみを増やし、バイクを買っただけにさせないのがモータリストのポリシー。売りっぱなしではない、プレミアムモデルを売る立場ならではの活動に注目が集まっている。

同時に、NICOT(ニコット)の様な入門モデルも充実させ、敷居を下げることでバイクライディングを気軽に楽しんでいただきながら、徐々に上級移行していけるようサポートを行っている。

キャンペーン対象車両について

モータリストが独占輸入販売を行うFantic製オフロードモデル、並びにモータリストが販売支援を行うFantic製オフロードコンペモデル。モータリスト輸入車両については以下の通り。

トレールバイク

【ファンティック】初夏を楽しむ! オフロードモデル対象の「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中 記事3
【XE 50 /XM 50】
ミナレッリ(ファンティック)製水冷2サイクルエンジンを搭載した、キッズバイク卒業生たちに大人気のボーイズレーサー。欧州規格をクリアして公道走行を可能としながら、レーシングマシンのようなスタイル、驚くべき軽量さと胸のすくようなパワーが身上だ。50ccながら本格モタードのXM50もラインアップに加わっている。
■希望小売価格/88万円

【ファンティック】初夏を楽しむ! オフロードモデル対象の「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中 記事4
【XEF 125/XMF 125】
ミナレッリ(ファンティック)製水冷DOHC125cc4サイクルエンジンを搭載。このパワーユニットは現在のほとんどの欧州製125cc4サイクルモデルの心臓に採用されているほど、信頼性が高くパワフルなエンジンだ。可変バルブタイミング機構を採用し、小排気量ながら低回転から高速までよどみなく立ち上がるパワーは、ライダーを選ばないトレールモデルでありながらもベテランをもうならせる。ファンティックオリジナルのクロモリ製フレームとたっぷりとしたストロークを用意した前後サスペンションは、本格オフロードモデルならではの造りながら、驚くほどの軽量さも身上だ。XMF 125はこれをベースとしたメーカーカスタムといっていいモタードモデル。欧州では極めて人気の高い商品だ。
■希望小売価格/99万円

【ファンティック】初夏を楽しむ! オフロードモデル対象の「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中 記事5
【XEF 250 Trail】
アルミフレームのレースモデル、XEF250を兄弟に持つトレールモデルは、レースからのフィードバックによって超軽量な仕上がりが高く評価されている。もちろん、トレールバイクならではのメインテナンスサイクルの長さは、オーナーシップコストの引き下げにも貢献し、ますます多くのライダーがファンティックを選ぶ理由にもなっている。
■希望小売価格/110万円

レーシングコンペティションシリーズ

【ファンティック】初夏を楽しむ! オフロードモデル対象の「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中 記事6
【XE300】
水冷2サイクル300cc。4サイクル450ccクラスを超えると言われるパワフルなオリジナルエンジンはミナレッリ(ファンティック)製だ。排気量を生かしたフレキシブルさはタイムを競うテスト区間のみならず、トライアルテクニックを必要とするようなハードエンデューロでも有効なはず。ユーロ5+という厳しい環境規制に適合し、日本でも車検の壁を乗り越えて公道を走るモデルとして注目が集まっている。
■希望小売価格/170万円

【XE/XEFシリーズ】
モータリストは輸入していないが、国内にはファンティックの最新レースモデルが少数流通している模様であり、モータリストではこれらについても差別することなく対応していく予定だ。これらのモデルがファンティック契約正規販売店網で売られた場合、輸入元の体制にかかわらず、モータリストが部品供給を支援し、テクニカルサポートなども提供していく予定だ。詳しくはファンティック正規販売網店に問い合わせされたい。

リリース

モータリスト合同会社(2024年4月1日発行)

ファンティックに関する記事はこちら>>
その他モータリスト合同会社に関する記事はこちら>>

Source: バイクブロス
【ファンティック】オフロードモデル購入者を対象とした「ギアバッグプレゼントキャンペーン」を5月末まで開催中

-車・バイク関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.