デジタル関連

凡例を使わずに直接折れ線に系列名を付けよう -『できるポケットExcelグラフ 基本&活用マスターブック』動画解説

投稿日:


レッスン60系列名のデータラベル

凡例を使わずに直接折れ線に系列名を付けよう

Excelで複数の系列があるグラフを作成すると、系列名と色の対応が凡例に表示されます。棒グラフの場合、棒と凡例の並びが一致するので順に目で追って照らし合わせることができます。一方、折れ線グラフの場合、折れ線と凡例の並びが一致しない上、折れ線が途中で交差するため、凡例との照らし合わせが面倒です。どの系列の折れ線なのかすぐに分かるグラフにするには、データラベルを使用して折れ線に直接系列名を書き入れましょう。

凡例を使わずに直接折れ線に系列名を付けよう(YouTubeにジャンプします)

できるポケットExcelグラフ



※書影をクリックするとAmazonにジャンプします

一生使えるグラフ作成スキルが身に付く!

グラフ作成の基本からデータを効果的に見せる実践テクニックまで1冊で身につく。ビジネスの現場において、グラフはデータを分かりやすく表現するために欠かせません。本書はそんなグラフを手早く身に付けたい方にピッタリな1冊です。棒グラフや円グラフなどビジネスでよく使われるグラフはもちろん、ドーナツグラフやレーダーチャートなど、知っておきたいワンランク上のグラフの作り方まで理解できます。また、グラフをより効果的に見せるためのテクニックも収録。この1冊で一生使えるスキルが手に入ります。

  • 著者:きたみあきこ&できるシリーズ編集部
  • 定価:1,188円(本体 1,080円+税10%)
  • ページ数:256ページ
  • ISBN:978-4-295-01755-4

インプレスブックスで詳細を見る

Source: できるネット
凡例を使わずに直接折れ線に系列名を付けよう -『できるポケットExcelグラフ 基本&活用マスターブック』動画解説

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.