車・バイク関連

攻めた走りはもう卒業!そこで選んだ2458ccの「ロケット3R」【今週の愛車ピックアップ】

投稿日:

Webikeプラス編集部
https://img.webike-cdn.net/@news/wp-content/uploads/2022/01/20220127_w_plus_650_420-96x96.png
https://img.webike-cdn.net/@news/wp-content/uploads/2023/01/3368712e5db116f413ccf90ceaccf107-1.jpg
2023konshuaisha_rocket

ROCKET 3 R(2458cc)
オーナー:OceanMonkey’sさん

ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクを毎週1台紹介するこのコーナー。今回紹介するモデルはトライアンフ「ROCKET3R」、オーナーはOceanMonkey’sさんです。

「でっかいバイクだねぇ!何ccあるの?」と何気なく聞かれた時、「2500ccです」と答えても、バイクを知らない人には信じられないかもしれません。しかし、世界の量産車ラインナップで最大排気量を誇るトライアンフ「ロケット3R」は、正真正銘2458ccの縦置き水冷3気筒エンジンを搭載したモンスターマシン。大排気量バイクと言えば、他にもハーレー・ローライダーS(1923cc)やホンダ・ゴールドウィング(1833cc)などのクルーザーやツアラーが存在しますが、ロケット3Rのカテゴリーはロードスター。前傾気味のポジションやストリートファイターライクなバグアイといい、スタイリングはまるでドラッグレーサー。実際、そのスペックは最高出力167PS/6000rpm、最大トルク221N・m/4000rpmと見た目を裏切らない強烈さ。まさにロケットそのものです。

ところが今回紹介するロケット3RのオーナーOceanMonkey’sさんは、サーキットや峠を攻める走りを辞めるためにロケット3Rをセレクトしたというのだからビックリ。確かにヒラヒラと軽快なコーナリングをすることはなさそうですが、それでもハイスペックのあまり攻める走りになってしまうのでは……? と疑問が沸いてしまいます。しかし、OceanMonkey’sさんの用途はもっぱらツーリング。ロケット3Rは「程よく峠を流しても楽しく、長距離も楽ちん」ということで、のんびり走ることも楽しいモデルなのでした! しかもネイキッドスタイルのためスピードを出し過ぎると風圧ですぐに嫌になってしまい、結果的に安全だとか。

見た目通りの車体の重さや特殊なポジションなど、操作に慣れが必要な部分はもちろんあるものの、他にあり得ないインパクトとキャラクターを持つロケット3R。人と同じバイクはイヤで、クルージングも楽しみたいぜ! というライダーにとって魅力あふれる1台になることでしょう。

 

1668339743353L

量産車世界最大排気量のエンジンを持つロケット3R。巨大なエンジンは一般的なレイアウトではなく、縦置き並列3気筒という特徴的なもの。右側に飛び出したエキゾーストパイプが存在感を激しく主張!

 

1669652798130L

スペックやスタイルからは狂暴な走行性能をイメージしてしまいますが、実際にはツーリングでも楽しく、作りにも高級感がありクルーザー的な乗り方も可能なマルチパーパスなマシンだとか。しかし「見た目の威嚇度は抜群」というインパクトはモンスターマシンらしいもの。

 

1668581953213L

しかし、落ち着いてばかりのマシンというわけでもありません。こちらはカオスさんのロケット3R。強烈なトルクに裏付けられた怒涛の加速感は「ちびりそうになります」という激しさ! 他のオーナーレビューの中でも加速感に不満を持つライダーは全くいないようです。

 

<MYバイクコメントより>
■購入動機・用途・比較車種

もともとバイクでサーキットや峠を攻める走りが好きだったのですが年齢的にも家族の為にももう危険だなと感じた為に
22年式MT-10SPを予約していたがキャンセルして個性的な外観と唯一無二のエンジンを持ったこのバイクを選んだ。

■長所

用途はツーリング、今までのんびりバイクに乗った事が無く、程よく峠なども流しても楽しく、長距離も楽ちんです。
走りは直線番長です、120kmを超えると風圧でそれ以上出すのは嫌になるので結果的に安全かな?
見た目はボリュームがあり作りも良く今まで国産しか乗った事が無かったのですが国産がチープに感じます。人と同じバイクに魅力を感じない性格なので個性の塊的なこのバイクは気に入ってます。

■短所

取り回しは重い。
まだ夏は経験してませんが渋滞でファンが回ると危険な熱さを感じます。
アクセル全開で恐ろしくガソリン食います。
ハンドルが遠くてステップが前の方にあるのでポジションは慣れが必要かも。
ダンパーが効きすぎてて特にフロントの追従性が悪く結構ギャップを拾うのでセッティングが必要かも。
峠の切り返しなどでは積極的にハンドルに入力してやる必要があります。
直進安定性が高いのでコーナーでは曲げる作業を曲がるまで継続しないとバイクが起きてきます。
見た目の威嚇度は抜群でハーレー乗りが二度見します。

■これから買う人へのアドバイス

停車時には車重の重さは顕著に感じるのですが低重心化されており
それを幅広いハンドルで押し引きすると違和感があるものの動かせます。
パーツ代は国産の2.5〜3倍は必要ですので
ある程度自分で整備できればその差は縮まるかも。
今の所故障は無いのですが強大なトルクを抑制する為なのか
恐らくECUのセッティングで極低速域に極端にトルクの細い所があります。

>>Webikeコミュニティで「OceanMonkey’s」さんのバイク詳細情報を見る

ロケット3Rのユーザーレビューを確認

ロケット3Rのユーザーレビューはこちらから
2023-01-25 161000
オーナー平均満足度3.72
評価人数: 34人
新車平均価格: 306.24万円
中古車平均価格: 242.00万円

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

Source: Webike
攻めた走りはもう卒業!そこで選んだ2458ccの「ロケット3R」【今週の愛車ピックアップ】

-車・バイク関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.