デジタル関連

MAKEARRAY関数で数式を利用して配列を作成する

投稿日:

数式の定義と利用

MAKEARRAY 数式を利用して配列を作成する

対応バージョン:
365

<!--2021 2019 2016 2013 -->

[行]と[列]で指定された行数、列数の配列を[ラムダ]を適用して作成します。

入力方法と引数

MAKEARRAYメイクアレイ,,ラムダ

数値作成する配列の行数を指定します。
作成する配列の列数を指定します。
ラムダ計算方法を表すLAMBDA関数を指定します。

活用のポイント

  • 行位置や列位置は先頭を1と数えます。
  • [行]がLAMBDA関数の第1引数に、[列]がLAMBDA関数の第2引数に対応します。
  • 行または列に1未満の値を指定するとエラー値[#VALUE!]が返されます。
  • たとえば「=MAKEARRAY(3,4,LAMBDA(x,y,MOD(x+y,2)))」とすると、3行4列の配列が作成され、行番号と列番号の和が偶数の配置に0、奇数の位置に1が表示されます。

Source: できるネット
MAKEARRAY関数で数式を利用して配列を作成する

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.