デジタル関連

Microsoft、iPadへの対抗でWindowsのタスクバーをタブレットに最適化

投稿日:

Windows 11のデスクトップ
 
タブレットデバイスのシェアでアップルに大きく水をあけられているMicrosoftが、Windows 11をタブレットデバイスでより使いやすくしようとしています。
 
タスクバーをタブレットデバイスで使いやすくすることにより、iPadの牙城を崩すそうとしているようです。

2つのタスクバーモードを実装

Microsoftが最近リリースしたプレビューアップデート「Windows 11 Build 25193」には、タブレットデバイスで使いやすくするための2つのモードが実装されています。
 
1つ目はタスクバーが折りたたまれたモードです。
 
Windows 11のタブレットデバイス向けタスクバー折りたたみモード
 
このモードではタスクバーがスリムになり、特に小型のタブレットデバイスで誤操作を防いだり、アプリが画面をできるだけ広く使ったりするのに役立つでしょう。
 
2つ目のモードは拡張モードと呼ばれるもので、幅広のタスクバーにアプリのアイコンが並びます
 
Windows 11のタスクバー拡張モード
 
こちらはタスクバー上のアイコンをより使いやすくするためのモードです。
 
これらのモードは画面の下部を上下にスワイプするだけで切り替えられます。
 
また、これらのモードはデスクトップPCやノートPCでは有効にならず、タッチスクリーンを搭載した2-in-1タブレットなどでのみ有効になるとのことです。

iPadやAndroidタブレットに大きく水をあけられているWindows 11

Surfaceシリーズをはじめ、さまざまなWindows 11搭載タブレットデバイスが販売されていますが、残念ながらタブレットデバイス市場におけるWindowsのシェアはあまり高くありません
 
2022年第2四半期(4月〜6月)の調査によると、タブレットデバイスのOS別シェアにおいてWindowsは11%のシェアでした。
 
しかしながら、Windows 11のタスクバーをタブレットデバイスに最適化するということは、Microsoftはまだまだこの市場を諦めていないということなのでしょう。

 
 
Source: Windows Latest
(ハウザー)

Source: iPhone Mania
Microsoft、iPadへの対抗でWindowsのタスクバーをタブレットに最適化

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.