デジタル関連

iPad版Office、Apple Pencilの手書き入力「スクリブル」に対応へ

投稿日:

Office Scribble
 
Microsoftは、iPad向けOfficeアプリで、「スクリブル」に対応すると発表しました。スクリブルは、iPadOS14で導入された、Apple Pencilによる手書き文字のテキスト認識や編集機能で、iPadOS15では日本語にも対応しています。

Word、Excel、PowerPointに対応

Microsoftが現地時間8月8日にリリースした、iPad向けOfficeアプリのベータ版であるInsiderバージョンで、スクリブルに対応しています。現在はInsiderプログラム登録者向けに提供されており、今後、正式版として一般ユーザーに提供される見込みです。
 
スクリブルは、Word、Excel、PowerPointの各アプリに対応します。
 
同機能は、「設定」メニューから「Apple Pencil」の「スクリブル」をオンにして、「描画」タブに表示されるペンのマークをタップすると利用できます。
 
Microsoft Office Scribble スクリブル
 

iPadOS15で日本語に対応したスクリブル

スクリブルは、2020年に公開されたiPadOS14で利用可能になりましたが、当初は日本語に対応していませんでした。2021年公開のiPadOS15で日本語に対応しています。
 
Apple Pencilで手書きした文字をテキスト入力できるのにとどまらず、単語をこすって削除、テキストを円で囲って選択などの編集操作も可能です。
 
WWDC2020 iPadOS14 Scribble
 
スクリブル機能は、以下のモデルとApple Pencilに対応しています。
 

  • Apple Pencil(第2世代)に対応
    • iPad mini(第6世代)
    • iPad Air(第4世代以降)
    • 11インチiPad Pro(全世代)
    • 12.9インチiPad Pro(第3世代以降)

     

  • Apple Pencil(第1世代)に対応
    • iPad mini(第5世代)
    • iPad(第6世代以降)
    • iPad Air(第3世代)
    • 9.7インチiPad Pro
    • 10.5インチiPad Pro
    • 12.9インチiPad Pro(第1世代および第2世代)

 
 
Source:Microsoft, Apple via MacRumors
(hato)

Source: iPhone Mania
iPad版Office、Apple Pencilの手書き入力「スクリブル」に対応へ

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.