デジタル関連

iPhoneとAndroidユーザー、アプリで一日平均4時間を過ごしていることが判明

投稿日:

App Store
 
パンデミックによるロックダウンの影響でモバイルアプリブームが起きてからかなり時間が経ちますが、消費者のモバイル利用は依然として伸びているようです。アプリ情報企業data.ai(旧App Annie)によれば、世界の12以上の市場で、消費者は1日あたり4〜5時間をアプリに費やしていることが明らかになりました。

パンデミックの影響は長期的に

アプリに費やす時間は国によって異なりますが、現在ユーザーが一日4時間以上アプリを使用している市場は13カ国あります。その中には、インドネシア、シンガポール、ブラジル、メキシコ、インド、日本、韓国、カナダ、ロシア、トルコ、米国、英国が含まれています。また、インドネシア、シンガポール、ブラジルの3つの市場では、モバイルユーザーは1日あたり5時間以上アプリに費やしているとのことです。
 
アプリ利用の伸びは2020年第2四半期と比べると少し鈍化していますが、今回のデータはパンデミックが長期的な影響を及ぼしている可能性を示唆しています。

2年間でアプリ利用が増大

2020年第2四半期と2022年第2四半期のアプリ利用時間を比較すると、シンガポールでは一日あたり4.1時間だったのに対し、現在では5.7時間まで伸びています。オーストラリアでは、一日あたり3.6時間から4.9時間へと増加しました。いずれも利用時間は40%増となったことを意味します。
 
その他の市場でもアプリ利用時間は2年間で増加していますが、成長は鈍化傾向にあるようです。インドネシア(10%増)、インド(5%増)、日本(5%増)、カナダ(20%増)、ロシア(10%増)、米国(5%増)、英国(5%増)、中国(5%増)、ドイツ(10%増)となりました。メキシコ(0%)、トルコ、アルゼンチン(いずれも-5%)など、成長が見られなかった市場もありました。
 
アプリ
 
月間アクティブユーザー数ではFacebookが1位となっており、WhatsApp、Instagram、Messenger、TikTok、Telegram、Amazon、Twitter、Spotify、Netflixを上回りました。
 
 
Source:TechCrunch via 9to5Mac
(lexi)

Source: iPhone Mania
iPhoneとAndroidユーザー、アプリで一日平均4時間を過ごしていることが判明

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.