車・バイク関連

決勝入賞者には総額100万円相当の賞品も! もうひとつの鈴鹿8耐「愛車No.1グランプリ/第1回MOTO自慢」の開催が決定

投稿日:

もうひとつの鈴鹿8耐「第1回MOTO自慢」愛車No.1グランプリが開催決定! メイン

もうひとつの鈴鹿8耐「第1回MOTO自慢」愛車No.1グランプリが開催決定! メイン

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で2022年8月4日(木)~7日(日)に行われる「2022 FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」の併催イベントとして、愛車No.1グランプリ「第1回MOTO自慢」の開催が決定した。

同イベントは、エントリー車両から投票でNo.1マシンを決めるイベントとなっており、決勝入賞者には総額100万円相当の賞品が用意されるほか、予選入賞者のマシンは鈴鹿サーキット本コースでの特別クルージングとイベントブースでの車両展示を行うことが出来る。エントリーおよび投票は、2022年7月14日(木)に配信開始予定のアプリ「イベコミ」から可能となる。

もうひとつの鈴鹿8耐~投票で決まる愛車No.1グランプリ「第1回MOTO自慢」開催決定

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で、2022年8月4日(木) ~8月7日(日)に開催予定の「2022 FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」の併催イベント、「もうひとつの”鈴鹿8耐”愛車グランプリ」の大会名称が公募の結果「第1回MOTO自慢」に決定いたしました。

「MOTO自慢」は、ナンバー付きの2輪車をお持ちなら誰でもエントリーいただけて、皆さんの投票によって、No.1マシンを決めるイベントです。
7月14日(木)に配信開始予定のアプリ「イベコミ」をインストールし、ナンバー付きの公道走行可能な2輪車をお持ちの方なら9カテゴリーにエントリーいただけます。また、投票はエントリーの有無、免許の有無に関わらず、どなたでもご参加いただけます。

「第1回MOTO自慢」参加&投票方法

もうひとつの鈴鹿8耐「第1回MOTO自慢」愛車No.1グランプリが開催決定! 記事1

7月14日(木)配信開始予定のアプリ「イベコミ」をインストールし、最初にプロフィールを作成いただきます。「MOTO自慢」にエントリー希望の方は、マシンのプロフィールから愛車画像(6枚)と共にアピールポイントなどの詳細を入力するだけで、エントリーが完了します。

エントリーの有無に関わらず、アプリユーザーであればどなたでも投票可能です。予選は最大10台、決勝は最大20台までに投票が可能です(1台1回限り有効) 。

大会アンバサダーに伊藤真一さん、平嶋夏海さん、梅本まどかさんが就任

もうひとつの鈴鹿8耐「第1回MOTO自慢」愛車No.1グランプリが開催決定! 記事2

(左から)伊藤真一さん、平嶋夏海さん、梅本まどかさん

今回「MOTO自慢」の大会アンバサダーとして伊藤真一さん(元世界GPライダーで現在Astemo Honda Dream SI Racing監督)、平嶋夏海さん、梅本まどかさんをお迎えして大会を盛り上げていただきます。

8耐特別仕様ほりにし(非売品)を先着1,000名様にプレゼント

もうひとつの鈴鹿8耐「第1回MOTO自慢」愛車No.1グランプリが開催決定! 記事3

大人気アウトドアスパイス「ほりにし」とコラボした「8耐ほりにし(非売品)」をMOTO自慢にエントリーいただき、かつ鈴鹿8耐観戦にお越しの方、先着1,000名様にプレゼントいたします。提供:Orange

決勝入賞者には総額100万円相当の賞品をご用意

もうひとつの鈴鹿8耐「第1回MOTO自慢」愛車No.1グランプリが開催決定! 記事4

(左)特別クルージングイメージ、(右)ブース展示イメージ

■予選入賞者賞典/9カテゴリー×入賞5位迄(合計45台)のマシンは鈴鹿サーキット特別クルージングを開催いたします。また、翌日の鈴鹿8耐決勝日には、イベント広場のGPスクエア特別ブースに”リアル展示”いたします。

もうひとつの鈴鹿8耐「第1回MOTO自慢」愛車No.1グランプリが開催決定! 記事5

(左)スズシカトロフィーイメージ
(右)オリジナル「JBLヘッドホンヘルメット」、AKRACING Overture Gaming Chair

■決勝入賞者賞典/8月7日(日)は、鈴鹿8耐同様に8時間(11:30〜19:30)で投票を競い、全投票数で1番多かった総合優勝者には完全オリジナル「JBLヘッドホンヘルメット」を贈呈。各カテゴリー3位入賞者には鈴鹿サーキットよりスズシカトロフィー&MotoGP(TM)日本グランプリ観戦チケット(9月開催予定)を贈呈します。

また、各9カテゴリー入賞の皆様には協賛企業様のe☆イヤホンより、1位:AKRACING Overture Gaming Chair、2位:SONY LinkBuds S、3位:JBL FLIP6、4位:Razer BlackSharkV2 X、5位:LOOP experience イヤープロテクターなど総額100万円相当の賞品が贈呈されます。この他にも、各種特別賞は決定次第、順次発表いたします。合わせて全入賞者の車両画像を、鈴鹿8耐公式ウェブサイトに掲載いたします。

リリース

ホンダモビリティランド株式会社(2022年6月17日発行)

その他鈴鹿サーキットに関連する記事はこちら>>

Source: バイクブロス
決勝入賞者には総額100万円相当の賞品も! もうひとつの鈴鹿8耐「愛車No.1グランプリ/第1回MOTO自慢」の開催が決定

-車・バイク関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.