デジタル関連

【iOS16】iCloudキーチェーンにクレジットカードのCVVも保存可能に

投稿日:

キーチェーン
 
iOS16では、クレジットカードのセキュリティコード(CVV)も、iCloudキーチェーンに保存できるようになることがわかりました。

iCloudキーチェーンでセキュリティコードも保存可能に

iCloudキーチェーンを有効にすると、ユーザー名やパスワード、クレジットカード番号などの機密情報を保存し、Apple IDでログインしているすべてのデバイスで同期してくれます。
 
つまりこうした情報を自分で覚えておく必要がありません。
 
決済時に必要となるクレジットカード番号も保存してくれるので、毎回入力する手間が省けます。

クレジットカードのセキュリティコードも入力不要に

米メディアBloombergのマーク・ガーマン記者が自身のTwitterに「iOS16ではクレジットカードのセキュリティコードもiCloudキーチェーンに保存できるようになる。Appleはこれまで、コードを保存することに消極的だった」と投稿しています。
 

 
セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面に記された3桁の数字を指します。American Expressはカード前面に記載された4桁の数字が同コードです。

新機能パスキーが登場

なおiOS16とmacOS Venturaにおいては新機能パスキー(passkeys)が採用され、ユーザーはアプリやWebサイトにサインインする際に、ユーザー名やパスワードを入力する必要がなくなります。

 
 
Source:Mark Gurman/Twitter
Photo:Apple
(lunatic)

Source: iPhone Mania
【iOS16】iCloudキーチェーンにクレジットカードのCVVも保存可能に

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.