デジタル関連

Edgeブラウザに異種デバイス間でファイルやメモ共有が可能なDrop機能が近く導入か

投稿日:

Edge Drop
 
MicrosoftはEdgeブラウザにおいて、異なるデバイスやプラットフォーム間でファイルやメモの共有や保存が可能な新機能「Drop」をテスト中であることがわかりました。

Telegramの「保存用メッセージ」機能と似ている

Drop機能は現在Edge Canary 104チャンネルでのみテストされているため、一部のユーザーだけが試すことが可能となっています。
 
Neowinによると、EdgeのDrop機能はメッセージングアプリTelegramの「保存用メッセージ」(いわゆるメモ帳。ログインしているすべての端末で共有可能)とよく似ているとのことです。

OneDriveの空きスペースを利用

ただしTelegramが保存用メッセージを保存するクラウドストレージに上限を設けていないのに対し、Microsoft EdgeのDropが使えるのは、ユーザーが持つOneDriveの空きスペースに限られるようです。
 
つまりPCのEdgeブラウザ上で保存したファイルやメモを、OneDriveでサインインしているスマートフォンなどのほかのデバイスのEdgeブラウザでも開いたり、更新したりすることができます。
 
Neowinが共有しているDrop機能が利用可能なEdgeブラウザのスクリーンショットには「ファイルとノートはサインインしているすべてのモバイルおよびPCデバイスで共有可能です」と記されています。

 
 
Source:Neowin via Windows Central
(lunatic)

Source: iPhone Mania
Edgeブラウザに異種デバイス間でファイルやメモ共有が可能なDrop機能が近く導入か

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.