デジタル関連

Apple、Studio Displayファームウェアアップデート15.5 RC公開

投稿日:

Studio display
 
開発者向けiOS15.5及びmacOS Monterey 12.4のリリースキャンディデート(RC)の公開に続き、AppleStudio Displayのファームウェアアップデート15.5 RCも一般公開に先駆けリリースしました。このアップデートにより、内蔵カメラでキャプチャされた画像の品質が改善されます。

ファームウェアアップデート15.5 RCを公開

AppleによるとStudio Displayの最新ファームウェアである15.5では、「ノイズ軽減、コントラスト、フレーミングの改善など、カメラのチューニングが改良されている」とのことです。このアップデートは、Studio DisplayのWebカメラの画質の悪さ(色褪せてノイズが多い)に不満を持つユーザーから複数の苦情を受けてのものです。
 
これにより、よりシャープで自然な色を再現できるようになるなどWebカメラの画質が改善されました。しかし、超広角レンズと小さなセンサーが組合わされていることが原因で、ソフトウェア・アップデートによる修正でも、十分に高品質な画像が得られることはありませんでした。
 
現時点では、Studio Displayのファームウェアアップデート15.5 RCはベータテスターのみ利用可能です。
 
しかしAppleは、このアップデートが一般公開されれば、個別のソフトウェア・アップデートとして提供することを明らかにしています。この場合、Studio Displayのファームウェアをアップデートする前にmacOS Monterey 12.4をインストールする必要はありません。
 
 
Source:9to5Mac
(m7000)

Source: iPhone Mania
Apple、Studio Displayファームウェアアップデート15.5 RC公開

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.