デジタル関連

日本通信が4月6日より「eSIM」を提供開始

投稿日:

日本通信
 
日本通信が4月6日よりeSIMを提供開始しました。合理的プランの申し込み時にeSIMまたはSIMカードから選択できるようになります。

シムの日からeSIMを提供開始

日本通信では4月6日(シムの日)より、合理的プラン(シンプル290プラン、みんなのプラン、20GBプラン、かけほプラン)を申し込む際、eSIMとSIMカードのいずれかから選択できるようになりました
 
eSIMは、eSIM対応端末に埋め込まれたSIMを遠隔操作することでカード型SIMのように抜き差しをすることなく加入者識別情報(プロファイル)を遠隔で書き込むことができます。また、eSIM対応のデュアルSIM端末を使用すれば、1台で2回線を同時使用することも可能です。
 
日本通信はeSIM対応端末として、以下のSIMフリーまたはSIMロックが解除されたiPhone、iPadシリーズを挙げています。
 
iPhone
 

  • iPhone13モデル
  • iPhone12モデル
  • iPhone11モデル
  • iPhone XSモデル
  • iPhone XR
  • iPhone SE(第2世代)(第3世代)

 
iPad(データ通信のみ利用可)
 

  • iPad Pro 11インチ(第1世代)(第2世代)(第3世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代)(第4世代)(第5世代)
  • iPad Air(第3世代)(第4世代)
  • iPad(第7世代)(第8世代)(第9世代)
  • iPad mini(第5世代)(第6世代)

日本通信でeSIMを利用する際の注意点

日本通信のeSIMはEID(eSIMの識別番号)の管理方法がdocomo、ahamoおよびドコモ回線系MVNOで共通のため、ドコモ回線のeSIMとの併用はできません
 
最大契約数に関しては、同一個人名義で5回線までとなっています。
 
 
Source:日本通信(1), (2)
(kotobaya)

Source: iPhone Mania
日本通信が4月6日より「eSIM」を提供開始

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.