デジタル関連

Apple TV+の6作品が「放送映画批評家協会賞テレビ部門」にノミネート

投稿日:

Apple TV+
 
第27回放送映画批評家協会賞(Critics Choice Awards)テレビ部門において、Apple TV+のオリジナル作品6本がノミネートされていることが明らかとなりました。

Apple TV+のオリジナル作品6本がノミネート

最優秀ドラマシリーズ賞に「フォー・オール・マンカインド」、最優秀コメディシリーズ賞に「テッド・ラッソ〜破天荒コーチがゆく」がノミネートされています。なお、「シュミガドーン!」のクリスティン・チェノウェスや、「ザ・モーニングショー」のビリー・クラダップなどApple TV+のオリジナル作品の出演者も数名ノミネートされています。
 
放送映画批評家協会賞テレビ部門の受賞者は、現地時間2022年1月9日(日)に米カリフォルニア州ロサンゼルスのセンチュリー・プラザ・ホテルにて発表されます。

ノミネート作品及び出演者

  • 最優秀ドラマシリーズ賞:「フォー・オール・マンカインド」
  • 最優秀コメディシリーズ賞:「テッド・ラッソ」
  • 最優秀外国語シリーズ賞:「アカプルコ」
  • 最優秀テレビ映画賞:「カム・フロム・アウェイ」
  • 主演男優賞(ドラマ部門):ビリー・クラダップ(ザ・モーニングショー)
  • 主演男優賞(コメディ部門):ジェイソン・サダイキス(テッド・ラッソ)
  • 助演女優賞(コメディ部門):ハンナ・ワディンガム(テッド・ラッソ)、クリスティン・チェノウェス(シュミガドーン!)
  • 助演男優賞(コメディ部門):ブレッド・ゴールドスタイン(テッド・ラッソ)

 
前回の第26回放送映画批評家協会賞テレビ部門では、テッド・ラッソが最優秀コメディシリーズ賞を、出演者のジェイソン・サダイキスが主演男優賞(コメディ部門)、ハンナ・ワディンガムが助演女優賞(コメディ部門)を獲得しています。
 
Apple TV+のサービスが2019年に開始されてから、Appleはアカデミー賞エミー賞SAG賞などから合計170の賞を受賞し、623以上の賞にノミネートされています。
 
 
Source:Critics Choice Awards via AppleInsider
(m7000)

Source: iPhone Mania
Apple TV+の6作品が「放送映画批評家協会賞テレビ部門」にノミネート

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.