デジタル関連

Samsung、業界初のLPDDR5X DRAMを発表~LPDDR5の1.3倍の帯域

投稿日:

SamsungのLPDDR5X DRAM
 
スマートフォンのGPUやAIの性能が上がるにつれ、DRAMに求められる帯域もより高くなっています。
 
Samsungは業界初のLPDDR5X DRAMを発表し、LPDDR5の1.3倍以上の帯域を実現しました。

8.5Gbpsの帯域を持ちながら消費電力を削減

このLPDDR5X DRAMは、LPDDR5(6.4Gbps)の1.3倍以上となる、8.5Gbpsの帯域を実現したDRAMです。
 
業界最先端の14nmプロセスを採用することで、LPDDR5に比べて消費電力も約20%削減したとしています。
 
また、16GビットのLPDDR5Xチップは、1つのメモリパッケージで最大64Gバイトの容量を搭載でき、増加の一途をたどるスマートフォンのRAM需要に余裕を持って対応可能です。

Galaxy S22シリーズに搭載?

このLPDDR5X DRAMはSamsungの次期フラッグシップスマートフォンである、Galaxy S22シリーズに搭載される可能性があります
 
SamsungはGalaxy S20/S21シリーズでLPDDR5を採用しており、S22シリーズでLPDDR5Xを採用しても不思議ではありません。
 
AppleのiPhone13シリーズはLPDDR4Xを採用していますが、スマートフォンの性能にはメモリ帯域が重要であるため、将来的にはLPDDR5あるいはLPDDR5Xを採用するかもしれません。

 
 
Source: Samsung via Wccftech
(ハウザー)

Source: iPhone Mania
Samsung、業界初のLPDDR5X DRAMを発表~LPDDR5の1.3倍の帯域

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.