デジタル関連

RyzenのWindows 11における性能低下問題、アップデート配信開始

投稿日:

KB5006746が配信されたWindows Update
 
Windows 11にはすでにいくつかの不具合があることがわかっており、そのなかの1つがAMDのRyzenを使っていると性能が落ちるという問題です。
 
この問題には2つの要因があるのですが、そのうちの1つに対するアップデートがMicrosoftから配信開始されました。

KB5006746でRyzenのL3キャッシュレイテンシが長くなる問題が解決

新しく配信されはじめたのはKB5006746と呼ばれる累積更新プログラムです。
 
このアップデートでは、AMDのRyzenを使っているとL3キャッシュレイテンシが長くなるという問題が解決されています。
 
RyzenとWindows 11の組み合わせで発生する性能低下問題には、もう1つCPUコアのスケジューリングの問題もあるのですが、そちらはAMDからドライバーがリリースされる予定です。
 
筆者のPCで確認したところ、すでにKB5006746は配信されており、手動でインストールが可能な状態でした。

ブルースクリーンやBluetoothマウス/キーボードの問題も改善

KB5006746ではRyzenのL3キャッシュレイテンシ問題のほかにも、さまざまな修正がおこなわれています。
 
具体的には、
 

  • 起動中にブルースクリーンが発生する可能性がある競合状態
  • Bluetoothマウス/キーボードの反応が遅くなる問題
  • 日本語IME使用時にファイルをリネームすると起こる問題

 
などが修正されています。
 
なお、KB5006746はプレビューリリースと呼ばれるものであり、不具合で困っている方のために早期に公開されたものです。
 
この内容は特に問題が無ければ11月の月次累積更新プログラムに同梱されるため、特に該当の不具合で困っていない場合は適用しないことをおすすめします。

 
 
Source: Microsoft via Windows Latest
(ハウザー)

Source: iPhone Mania
RyzenのWindows 11における性能低下問題、アップデート配信開始

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.