デジタル関連

watchOS8のバグ?翌日の日付が表示される現象に遭遇

投稿日:

watchOS8 日付 バグ?
 
watchOS8をインストールしたApple Watchで、実際の次の日の日付が表示される現象に遭遇しました。すぐに元の日付に戻るので実害はありませんが、watchOS8のバグの可能性があります。

Apple Watchの日付が行ったり来たり

2021年10月5日(火)の23時54分頃、筆者が腕に巻いたApple Watch Series 5に目を落とすと、日付が「6日(水)」と表示されていました。
 
腕を上げたり下げたりしていると、正しい日付である5日(火)に戻ったり、再び6日(水)が表示されたりと、日付が行ったりきたりします。
 
その後、日付が変わった後には同様の現象は確認できていないため、特定の条件が重なった場合に発生する、watchOS8バグの一種ではないかと推測されます。

現在の最新バージョンはwatchOS8.0

現在、watchOSの一般向け正式版の最新バージョンはwatchOS8.0です。
 
現在、開発者向けにwatchOS8.1のベータが提供されており、ベータバージョンが数回リリースされた後に正式版として公開されるとみられます。
 
なお、Appleは、Apple Watch Series 7の予約受付を10月8日(金)に開始し、販売を15日(金)に開始すると発表しています。
 
 
(hato)

 
 

Source: iPhone Mania
watchOS8のバグ?翌日の日付が表示される現象に遭遇

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.