デジタル関連

iOS15、iPadOS15、watchOS8のパブリックベータ6がリリース

投稿日:

iOS15 イメージ画像
 
Appleは現地時間8月18日、iOS15、iPadOS15、watchOS8のパブリックベータ6を登録ユーザー向けにリリースしました。直前バージョンから約1週間でのリリースです。

開発者向けベータから1日遅れでのリリース

iOS15、iPadOS15、watchOS8のパブリックベータ6は、開発者向けベータ6から1日遅れでリリースされました。
 
iOS15パブリックベータ5パブリックベータ4の2週間後にリリースされましたが、パブリックベータ6はパブリックベータ5の1週間後のリリースと、正式版公開に向けてリリース間隔が狭まっています。
 
従来のパターンと同様なら、iOS15の一般ユーザー向け正式版はiPhone13シリーズの発表・発売と同じ9月に公開されるとみられます。

Safariのデザインは新旧選択可能に

ベータ6では、iOS15で刷新されたSafariのユーザーインターフェース(UI)が新旧の両デザインを選択可能となっています。
 
選択肢を設けたことについては、Apple情報に詳しいジャーナリストから「Appleらしくない」との批判の声もあがっています。
 
ベータテスト期間が後半に入り、iOS15正式版公開当初には一部の新機能が提供されないことも明らかになっています。
 
 
Source:MacRumors
(hato)

Source: iPhone Mania
iOS15、iPadOS15、watchOS8のパブリックベータ6がリリース

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.