デジタル関連

Teamsでビデオ会議のトラブルを回避するコツ。マイク/カメラの事前確認やテスト通話を忘れずに

投稿日:

会議の参加時は事前にデバイスを整える

機能名:デバイスの設定テスト通話デスクトップアイコンの表示

デバイスの動作を確認する

ビデオ会議でもっとも参加者の不満が大きくなるのは、マイクやカメラのデバイスの不調によって会議が中断されたり、ノイズが入って声が聞き取りづらくなったりすることです。また、自身の画面を相手と共有するときに、意図しない情報が表示されてしまうのではないかという不安もあります。

これらのトラブルは、事前に確認して回避できるものがほとんどです。貴重な会議の時間を有効活用するためにも、事前にしっかりと確認できるよう手順を身につけておきましょう。

まず、デバイスがきちんとTeamsから認識されているかを確認します。特に、新しくマイクやカメラを購入した場合には、事前に正しいデバイスを選択しておく必要があります。一度Teamsからサインアウトして再びサインインし直すと、デバイスの設定が元に戻ってしまうこともあるため、心当たりがあれば必ず確認しましょう。

マイクやスピーカーを選択したあとはテスト通話を使って、きちんとマイクが声を拾い、スピーカーから音が出るかを確認しましょう。テスト通話を開始すると、ガイドの音声が流れます。その指示に従い留守番電話のようにマイクから音を録音すると、その結果がスピーカーから再生されます。マイクにノイズが乗っていないか、マイクの位置は適切かなどを確認しましょう。

テスト通話はTeamsの設定から開始できるほか、Teamsの検索ボックスに「/testcall」と打ち込むことでも行えます。何度もテスト通話を行う場合などは、この方法も知っておくと便利です。


Teamsでビデオ会議のトラブルを回避するコツ。マイク/カメラの事前確認やテスト通話を忘れずに

①[設定など]→②[設定]を順にクリック。


Teamsでビデオ会議のトラブルを回避するコツ。マイク/カメラの事前確認やテスト通話を忘れずに

[設定]が表示された。③[デバイス]をクリックすると、オーディオやカメラなどの設定画面が表示され、使いたいデバイスを選択できる。


Teamsでビデオ会議のトラブルを回避するコツ。マイク/カメラの事前確認やテスト通話を忘れずに

[設定]を表示し[デバイス]→[テスト通話を開始]を順にクリック、もしくは検索ボックスに「/testcall」と入力すると、テスト通話が開始する。ガイドの音声に従い自分のマイクの音を録音すると、その後に自動で再生される。

ノイズ抑制で声を明瞭にする

Teamsには、マイクが拾う周囲の雑音を自動的に抑制する機能があります。ドアの開閉音や手元の紙資料から出る音などを抑制し、自分の話し声をよりクリアに相手に届けることが可能です。

既定では[自動(既定)]に設定されていますが、もっとも効果を感じられるのは[高]の設定です。反対に、周囲の音を聞かせたい場合には、この機能をオフに設定しましょう。ノイズの抑制は[設定]の[デバイス]だけでなく、会議中も変更できます。なお、この機能を有効化することで、CPUへの負荷が少し上がるので注意しましょう。


Teamsでビデオ会議のトラブルを回避するコツ。マイク/カメラの事前確認やテスト通話を忘れずに

①[その他の操作]→[デバイスの設定]を順にクリックすると、画面が表示される。②[ノイズ抑制]で周囲の音を防いだり、周囲の音を聞かせたりする調整が可能。

画面を共有する前にデスクトップを整理する

ビデオ会議では、自身のデスクトップの画面を共有することも多くあります。このとき、デスクトップにアイコンが散らばっていたり、見られては困るファイルがウィンドウで表示されていたりすることは、よくある失敗の1つです。

会議で発表する予定があるならば、事前にデスクトップのアイコンを片付け、不要なウィンドウを整理しておきましょう。このとき便利なのが、アイコンを一時的に非表示にする操作です。この方法も覚えておくことで、突然の会議でも安心して参加できます。


Teamsでビデオ会議のトラブルを回避するコツ。マイク/カメラの事前確認やテスト通話を忘れずに

デスクトップを右クリックして①[表示]にマウスポインターを合わせ、②[デスクトップアイコンの表示]のチェックを外すと、デスクトップのアイコンがすべて非表示になる。チェックを付けると、アイコンが再び表示される。

自分に合ったTeamsの使い方が見つかる!

Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ(できるビジネス)
※書影をクリックするとAmazonにジャンプします

Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ(できるビジネス)

  • 著者:太田浩史
  • 定価:1,848円(本体 1,680円+税10%)
  • ページ数:208ページ
  • ISBN:978-4-295-01176-7

インプレスブックスで詳細を見る

Source: できるネット
Teamsでビデオ会議のトラブルを回避するコツ。マイク/カメラの事前確認やテスト通話を忘れずに

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.