デジタル関連

AppleとVanMoof、「探す」対応の電動自転車の共同開発は9カ月がかり

投稿日:

VanMoof 電動自転車「探す」対応
 
Appleの「探す」ネットワークに対応した、最初のサードパーティー製品のひとつとなった電動自転車を製造・販売しているVanMoofが、Appleとの連携の経緯についてiClutureに語っています。

「探す」に対応した初の電動自転車

Appleは、これまではiPhone、Mac、AirPodsなどApple製品だけが対応していた「探す」ネットワークをサードパーティー製品に開放することを発表しました。
 
最初の対応製品として発表されたのは、VanMoofの電動自転車BelkinのワイヤレスイヤホンChipoloの紛失防止タグの3製品です。
 
「探す」ネットワークに対応した経緯について、VanMoofのプロダクトデザイン責任者ジョブ・ステーマン氏へのインタビューをオランダメディアのiCultureが掲載しています。

きっかけはWWDC

AppleとVanMoofの連携が始まったのは、Appleが2020年6月の世界開発者会議(WWDC 2020)で「探す」ネットワークをサードパーティーに開放すると発表した際、VanMoofのエンジニアがAppleの開発者フォーラムに関心があると投稿したのが始まりだそうです。
 
当時、Appleは「探す」ネットワーク対応製品の開発に関心を持つパートナーを探していた模様で、両社は毎週月曜日にリモートミーティングを重ねながら開発を進めていったそうです。
 
VanMoofはテスト用に多くのプロトタイプをAppleに送ったほか、VanMoofのサンフランシスコのオフィスから、Appleのエンジニアの自宅に電動自転車を送ることもあったそうです。
 
VanMoof 電動自転車「探す」対応
 

開始から完成まで約9カ月

ステーマン氏は、開発のうえで困難もあったものの、Appleから過度なプレッシャーがかかるようなことはなかったと振り返っています。
 
「探す」ネットワークへの対応は、追加のチップを搭載することはなく、完全にソフトウェアの機能として実現しているそうです。
 
両社による開発は、ソフトウェアの修正が完了するまでに、約9カ月の時間が必要でした
 
VanMoof 電動自転車「探す」対応
 

4月7日以降に購入する「S3」「X3」が対応

2021年4月7日以降に販売されるVanMoofの「S3」「X3」の両モデルが「探す」ネットワークに対応しており、ユーザーのプライバシーを保護しながらiPhoneやMacのマップ上で位置情報を確認できるほか、紛失時には、iPhoneを持つ発見者にメッセージを表示することもできます。
 
VanMoofは、「探す」の設定をする様子を動画で紹介しています。
 

 
Appleが現地時間4月20日に開催するスペシャルイベントでは、Appleによる紛失防止タグ「AirTags」が発表されるのではないかと噂されています。

 
 
Source:iCulture via MacRumors
Photo:VanMoof
(hato)

Source: iPhone Mania
AppleとVanMoof、「探す」対応の電動自転車の共同開発は9カ月がかり

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.