デジタル関連

ソニーがスマートフォン向けカメラセンサー市場でシェア1位を継続~2020年の調査

投稿日:

スマートフォン用カメラセンサーの画像
 
カメラセンサーはスマートフォンの差別化要素であるカメラ機能の画質を決めるのに重要な部品です。この分野では日本のソニーが高いシェアを持っていますが、2020年もシェアトップを継続したようです。

46%のシェアで首位のソニー

調査会社のStrategy Analyticsによると、2020年のスマートフォン向けカメラセンサー市場の売り上げは150億ドル(約1兆6,316億円)に達し、前年比で13%増加しました。
 
メーカー別ではソニーが首位を保ち、46%のシェアを持っています。
 

 
2位Samsungで29%、3位はOmniVisionで10%でした。これらの上位3社で全体の約85%のシェアを占めています。

競争の激化が予想されるスマートフォン向けカメラセンサー市場

2020年は、高解像度センサーを積極的に採用しカメラの搭載数を増やしたスマートフォンメーカーからの強い需要が観測されたため、新型コロナウイルスの影響はほとんどなかったとのことです。
 
そのなかで、ソニーHuaweiに対するアメリカの制裁によって大きなビジネスを失い、Samsung、OminiVision、SK Hynixがシェアを奪っています。
 
Strategy Analyticsのシニアアナリストであるジェフリー・マシューズ氏は、今後もスマートフォン向けイメージセンサー市場の競争は激化し、ソニーのシェアは脅かされ続けるだろうと予想しています。
 
スマートフォン向けカメラセンサーに対する需要は今後も勢いがあり、成長が見込まれますが、半導体の不足によって需要を満たすのに課題が生じする可能性があります。

 
 
Source:Strategy Analytics via Gizchina
(ハウザー)

Source: iPhone Mania
ソニーがスマートフォン向けカメラセンサー市場でシェア1位を継続~2020年の調査

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.