デジタル関連

ソフトバンク退職翌日に楽天モバイルに転職の通信技術者が逮捕、機密情報盗んだ容疑

投稿日:

ソフトバンク 楽天モバイル
 
ソフトバンクを退職し、楽天モバイルに転職した通信技術者が、退職当日に4G・5Gネットワーク設備などに関する技術情報を盗み出していたとして1月12日に逮捕されました。顧客情報に被害はないものの、ソフトバンクは楽天モバイルを相手に訴訟を起こす構えです。

ソフトバンク退職当日にデータを盗み、翌日に楽天入社

読売新聞などの報道によると、逮捕された容疑者は2019年12月31日にソフトバンクを退職する当日、私有パソコンを使って社外から同社のサーバーに接続し、営業上の秘密に当たる情報を持ち出した不正競争防止法違反の疑いが持たれています。
 
容疑者は、退職した翌日の2020年1月1日付けで楽天モバイルに入社しています。
 
2020年2月に情報の流出が判明し、ソフトバンクが警視庁に相談、捜査が進められていました。

ユーザーの個人情報は含まれない

ソフトバンクは1月12日、逮捕された元社員はネットワーク構築を担当しており、盗み出された情報は4Gと5Gのネットワーク用基地局設備、基地局間の固定通信網に関する技術情報だと発表しています。
 
また、同元社員が在籍中に、ユーザーの個人情報、通信の秘密に関する情報、サービス提供先である法人の取引先に関する情報へのアクセス権限はなく、盗み出された情報にも含まれていないとのことです。
 
ソフトバンク プレスリリース
 

楽天モバイルへの民事訴訟を予定

ソフトバンクは、盗み出された営業秘密を楽天モバイルが既に何らかの形で利用している可能性が高い、との認識を示し、営業秘密情報の利用停止と廃棄などを求める民事訴訟を提起するほか、元社員への損害賠償も視野に入れている、と発表しています。
 
また、全社員への秘密保持契約締結やセキュリティー研修に加え、退職予定者の業務用端末によるアクセス権限停止やログ監視システムの導入などの再発防止策を実施していると発表しています。

楽天モバイル「業務利用の事実は確認されていない」

楽天モバイルは同日、社内調査の結果を発表し、逮捕された従業員が業務に利用していたという事実は確認されておらず、5Gに関する技術情報も含まれていないと説明し、警察の捜査に全面的に協力し厳粛に対処すると発表しています。
 
楽天モバイル プレスリリース
 

各社が5Gに投資、共同での基地局整備などの取り組みも

iPhone12の発売でいっそう注目を集める5Gネットワークの構築は、各キャリアにとって最大の課題です。
 
大手キャリア各社は、5G通信エリアの拡大に大規模な投資を行っているほか、投資の効率化のためにKDDI、ソフトバンク、楽天、東京電力パワーグリッドが電柱を共同活用する実験を行なったり、ソフトバンクとKDDIが基地局の共同整備に乗り出すなどの取り組みも進められています。
 
 
Source:ソフトバンク, 楽天モバイル, 読売新聞
(hato)

Source: iPhone Mania
ソフトバンク退職翌日に楽天モバイルに転職の通信技術者が逮捕、機密情報盗んだ容疑

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.