車・バイク関連

【プジョー】創業210周年記念モデル「ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション」を9/26に発売

投稿日:

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション メイン

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション メイン

aidea 株式会社は、プジョー・モトシクルの原付二種スクーター「ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション」を2020年9月26日(土)に全国の正規ディーラーで発売する。

この車両はプジョー創業210周年を記念したモデルとなっており、トリコロールカラーが施された車体には専用デカールのほか、鮮やかなルージュカラーのシートとバックレストが装備されている。なお、価格は43万7,800円(税10%込み)となる。

プジョー創業210周年を記念した「ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション」を発売

プジョー210年の独創と情熱が凝縮された、21台限定のマスターピース

aidea 株式会社(本社:東京都港区赤坂 代表取締役/池田 元英)は、2020年9月26日にプジョーが210周年を迎えることを記念して、「ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション」を21台限定で発売します。2020年9月26日より、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて販売いたします。

プジョー独創と情熱の210年

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事1

今から二世紀以上も前の1810年。プジョーブランドの象徴でもある「ライオン」マークを付けた製品が、世に送り出されました。その後、プジョーの製品はさまざまな分野に広がっていきます。工具、コーヒーミル、ペッパーミル、自転車、自動車、そしてモーターサイクル。いずれも独創的かつ優れた品質で人々に愛された製品たちです。

プジョーが210年の間こだわり続けてきたものづくりへの情熱は、これからも変わることはありません。プジョーブランドを愛してくださる全ての方に、感情を揺り動かす体験をお届けします。

1810年 プジョーのはじまり

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事2

1810年、フランス東部のエリモンクールを拠点に、ジャン=ピエール・プジョー、ジャン=フレデリック・プジョー兄弟による家族経営の製鉄業として、プジョーはスタートしました。最高品質を示す「ライオン」マークをつけた工具類や、傘、クリノリン、コーヒーミル、自転車など、鉄を材料としたさまざまな製品を世に送り出しました。

1890年 世界初の量産四輪車

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事3

1889年パリ万国博覧会で、「プジョー」の名を冠した最初の自動車を披露。この三輪自動車は蒸気を動力としていました。翌1890年には、ダイムラー製ガソリンエンジンを搭載した四輪自動車「Type 2」を製造。プジョーは、世界に先駆け四輪自動車の量産を開始したのです。

1898年 最初のモーターサイクル

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事4

プジョーモトシクルは、現存する世界最古のモーターサイクルブランドです。第1回パリ・モーターショーで、ド・ディオン・ブートン・エンジンを搭載したプジョー最初のモーターサイクルを発表。後輪部分にエンジンをマウントする、斬新な車体構造でした。

1907年 スピードへの情熱

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事5

プジョーは、モータースポーツにも果敢に挑戦します。現在でも公道レースの最高峰と言われるマン島ツーリストトロフィの第1回大会(1907年)において、プジョー製Vツインエンジンを搭載したノートンが勝利。1934年には、ボルドールでの耐久レースにおいて「P515」が、2,000kmおよび3,000kmの平均最高速度、24時間走行の平均最高速度、という3つの世界記録を樹立しました。

1953年 移動の自由を誰にでも

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事6

第二次大戦後には女性の社会進出が進み、手ごろな交通手段としてのスクーターが世界的なブームとなりました。1953年に登場した「S55」は、フロントのトランクとキャリアや快適なダブルシートが特徴で、ヨーロッパ市場で人気を博した。

ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事7

1950年代の「プジョー S55」を現代に復刻させたネオレトロスクーター、ジャンゴシリーズに、プジョー210年の歴史が凝縮された特別なモデルが生まれました。

フランス国旗を表す「青、白、赤」の3色(トリコロール)が個性と華やかさを主張し、特別仕様のシートがブランドの品格を感じさせます。「ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション」は、プジョーの独創と情熱を体現するマスターピースと呼べる逸品です。

【特別装備】

■210デカール

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事12

1810年から始まった、プジョー210年の歴史を示すデカールです。

■トリコロール・デカール

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事8

フランス国旗である「青、白、赤」の3色(トリコロール)を表現したデカールです。

■Django デカール

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事9

金属製で質感の高いデカールです。

■ルージュ・シート

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事10

鮮やかなルージュ(フランス語で赤)の表皮に爽やかなホワイトパイピングを施した、210周年リミテッドエディション専用シートです。座面にはダイヤキルトデザインを採用することで、プジョーブランドの品格と独自性を強調しました。

■ルージュ・バックレスト

プジョー ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション 記事11

タンデムライダーの快適性と安心感を高めるバックレスト。シートと同素材の表皮を用い、一体感のあるフォルムを作り出します。

■カラー/トリコロール
■販売台数/限定21台
■メーカー希望小売価格/43万7,800円(税10%込み)
■主要諸元
・全長全幅全高/1,925mm×710mm×1,190mm
・ホイールベース/1,350mm
・シート高/770mm
・乾燥重量/129kg
・エンジン/空冷4ストローク SOHC 2バルブ単気筒
・排気量/125cm3
・内径×行程/52.4mm×57.8mm
・最高出力/7.5kW(10.2PS)/8,500rpm
・最大トルク/8.9Nm(0.9kgm)/7,000rpm
・燃料供給方式/インジェクション
・始動方式/セルフ式
・燃料タンク容量/8.5L
・変速方式/オート
・フロントサスペンション/油圧式テレスコピック
・リアサスペンション/油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
・フロントタイヤ/120/70-12
・リアタイヤ/120/70-12
・フロントブレーキ/ディスク(ABS)
・リアブレーキ/ディスク
・保証/新車登録時から2年間(走行距離無制限)

お問い合わせ

aidea 株式会社
TEL/03-6427-3600

Django125 のカタログページはこちら>>
その他プジョーに関する記事はこちら>>

リリース = aidea 株式会社(2020年9月25日発行)

Source: バイクブロス
【プジョー】創業210周年記念モデル「ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション」を9/26に発売

-車・バイク関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.