デジタル関連

QRコード決済満足度トップはPayPay。利用開始契機はポイントやキャンペーン

投稿日:

PayPay
 
MMD研究所が、「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」の結果を発表しました。QRコード決済サービスの総合満足度のトップはPayPayで、お勧めしたいサービスのトップはPayPayと楽天ペイでした。

利用率上位6サービスのユーザーに調査

MMD研究所が実施した「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」は、先日の「2020年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」で利用率の高かったQRコード決済上位6サービスをメインで利用する18歳〜69歳の男女600人を対象として、2020年6月26日~6月29日に実施されています。
 
調査対象となったのは、PayPay、楽天ペイ、d払い、auPAY、LINE Pay、メルペイの6サービスで、回答者数はそれそれ100人です。

知ったきっかけ、トップは「公式サイト」

メインで利用しているQRコード決済サービスを知ったきっかけは、「公式サイト
」が18.7%で最多でした。「テレビCM」と「関連アプリ上での案内」が13.2%で並び、「企業からの配信メール」12.5%などが続いています。
 
MMD研究所「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」
 
各サービスのトップは、PayPayは「テレビCM」、楽天ペイ、d払い、au PAYは「公式サイト」、LINE Pay、メルペイは「関連アプリ上での案内」でした。
 
MMD研究所「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」
 

ポイントやキャンペーンがQR決済利用開始のきっかけに

QRコード決済を使い始めた理由(複数回答可)のトップ3は、「ポイントがたくさん貯まるから」が45.0%、「キャンペーンを知って興味を持ったから」36.8%、「普段使っているサービスとポイントが連動しているから」22.5%でした。
 
MMD研究所「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」
 
使い始めた理由トップをサービス別に見ると、PayPay、メルペイのトップは「キャンペーンを知って興味を持ったから」、楽天ペイ、d払い、au PAY、LINE Payは「ポイントがたくさん貯まるから」でした。
 
MMD研究所「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」
 

週1回以上の利用率トップはau PAY

QRコード決済サービスの利用頻度が「1週間に1回以上」の回答は、全体では66.5%でした。
 
サービス別では、「au PAY」75.0%、「d払い」70.0%、「楽天ペイ」と「LINE Pay」が68.0%、「PayPay」65.0%、「メルペイ」53.0%でした。
 
MMD研究所「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」
 

総合満足度トップはPayPay

調査では、QRコード決済サービスの満足度を、以下4項目について聞いています。
 

  • 「お得部門」:キャンペーンの頻度、ポイント還元率、還元されるポイントの分かりやすさ
  • 「デザイン部門」:操作の分かりやすさ、利用した金額(残高)の分かりやすさ、見た目の良さ
  • 「実用部門」:使える場所(店舗・EC)の多さ、店員の理解度、チャージ方法の豊富さ
  • 「信頼部門」:セキュリティ、企業の信頼性、使える場所の分かりやすさ

 
各部門別の満足度トップは、お得部門は「au PAY」、デザイン部門は「メルペイ」、実用部門は「PayPay」、信頼部門は「au PAY」でした。
 
総合満足度は「PayPay」がトップとなりました。
 
MMD研究所「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」
 

お勧め度トップはPayPayと楽天ペイ

メインで使っているQRコード決済を家族や友人にお勧めしたいかを10点満点で
評価してもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア;顧客推奨度)を算出し、高評価の「推奨者」(9点〜10点)、中間の「中立者」(7点〜8点)、低評価の「批判者」(0点〜6点)で区分したのが以下のグラフです。

 
全体では、推奨者が13.8%、中立者が48.5%、批判者が37.7%で、推奨者から批判者を引いたNPSは-23.8でした。
 
サービス別でNPSが最も高い(お勧めしたい度合いが高い)のは、PayPayと楽天ペイが-19.0で並びました。
 
MMD研究所「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」
 

利用開始のきっかけで目立った「お得感」

先日の調査で、普段の支払い方法として「現在利用している」割合が34.3%だったQRコード決済ですが、使い始めたきっかけとしては「ポイント」や「キャンペーン」といった、お得を実感できる項目が回答の上位に集中しました。
 
現在は、1ユーザー1サービスしか登録できない、最大25%相当還元の「マイナポイント」のポジションをめぐって、各サービスがキャンペーンを実施しています。
 
今後、各社はキャッシュレス決済を利用していない生活者を取り込む戦略がより重要になりそうです。
 
 
Source:MMD研究所
Photo:PayPay
(hato)

Source: iPhone Mania
QRコード決済満足度トップはPayPay。利用開始契機はポイントやキャンペーン

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.