デジタル関連

OutlookでTo Doバーの表示内容を変更する方法

投稿日:

61列の表示

To Doバーの表示内容を変更するには

1[ビューの詳細設定]ダイアログボックスを表示する


2[列の表示]ダイアログボックスを表示する


HINT
To Doバーに表示されたタスクを並べ替えるには

下の手順で[今日]をクリックすると、上から[来月][来週][今週][今日]といった順番でタスクを表示できます。

また、手順1の方法で[並べ替え]の一覧を表示し、[種類]や[重要度]をクリックしてもタスクの並べ替えができます。


3To Doバーの表示項目を選択する



間違った場合は?


手順3で間違った項目を削除したときは、[キャンセル]ボタンをクリックして、操作をやり直します。なお、手順2の画面で[現在のビューをリセット]ボタンをクリックすると、ビューの設定を元に戻せます。

4To Doバーの表示内容が変更された


HINT
To Doバーの幅を調節できる

To Doバーの左端を左右方向にドラッグすることで表示幅を自由に変更できます。


HINT
タスクの行数を増やすには

手順3で[コンパクトモードの最大行数]の行数を増やすと、タスクの期限やアラーム時刻などが表示されるようになります。ただし、To Doバーに表示されるタスクの数が減るので、必要に応じて設定を変更しましょう。

HINT
表示項目を追加するには

タスクに表示される項目を追加するには、[表示可能な列]にある項目を選択して[追加]ボタンをクリックします。[表示可能な列]に表示されていない項目は、[対象となる列グループ]からフィールドの種類を変更します。

例えば[アラーム]を追加するときは、[すべての連絡先フィールド]を選択します。

Point
使いやすいようにTo Doバーをカスタマイズしよう

この記事では、アラームのアイコンを非表示にする方法を紹介しました。しかし、これはカスタマイズできる内容の一例です。[ビューの詳細設定]ダイアログボックスを利用すれば、タスクのグループ化や並び順、件名の書式なども変更できます。

Source: できるネット
OutlookでTo Doバーの表示内容を変更する方法

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.