デジタル関連

流出したiOS14は、インストールされたiPhone11と共に出回った

投稿日:

iOS14 SpringKit コンセプト
 
VICE傘下のテック系メディア、Motherboardによると、流出したiOS14はもともとそれがインストールされたiPhone11と共に出回ったようです。

2019年12月付のiOS14がインストールされたiPhone11

リーク情報に詳しいジェイルブレイクコミュニティの情報によれば、最初に誰かが、開発中のiOS14がインストールされたiPhone11を入手したとのことです。
 
このiPhone11は、中国のベンダーが数千ドルで販売し、それを入手したものがiOS14の開発版を抜き出して、ジェイルブレイクコミュニティや、ハッキングコミュニティで配布し始めたようです。

一部のスクリーンショットだけではなくiOS全体が流出

これまでは、次期iOSのスクリーンショットを含め、一部の機能がリークされたことはありましたが、OS全体が流出したのは前代未聞だとMotherboardは報じています。
 
流出したiOS14のソースコードからは、未発表の製品や新機能など多くの情報が発見されています。ただし、これらはWWDC 2020で詳細が発表される8カ月前の開発バージョンですので、発見された新機能などが全て実装されるとは限らないと、予想されています。
 
 
Source:Motherboard
Photo:Parker Ortolani/Twitte
(FT729)

Source: iPhone Mania
流出したiOS14は、インストールされたiPhone11と共に出回った

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.