デジタル関連

新型MacBook Air、iFixitが分解して旧モデルと内部構造を比較

投稿日:

MBA2020 ifixit
 
iFixitが新型MacBook Air(2020)を分解し、レポートを公開しました。2018年モデルと比較して0.5mm厚くなったのはシザー式キーボードに変更したのが理由だと報告しています。

シザー式キーボードを採用した新型MacBook Air(2020)

MBA2020 Keyboard
 
新型MacBook Air(2020)は、2018年モデルと比較して最厚部が1.56cmから1.61cmへと0.5mm厚くなっています。この厚さの増加分は、バタフライ式キーボードから、シザー式キーボードへの変更がその理由のようです。

バッテリーとトラックパッドの交換が容易に

iFixitは2020年3月18日に発売された新型MacBook Airを分解し、2018年モデルのMacBook Airと比較しながら変更点を解説しています。2020年モデルでは、内部の配線経路を見直すことで、バッテリーとトラックパッドの交換が容易になったようです。

2018年モデルの内部

MBA2018 cable
 
バッテリーとトラックパッドの交換を行おうとする場合、(画像中央の)ロジックボードと接続しているケーブルを取り外す必要があります。2018年モデルは、ケーブルを外そうとする場合、ロジックボードの裏側にアクセスする必要がありました。

2020年モデルの内部

MBA2020 cable
 
2020年モデルのケーブルは、ロジックボード表側に接続され、裏側にアクセスする必要がなくなりました。この改良によってバッテリーとトラックパッドの交換に要する時間が短縮されると報告しています。
 
画像上段中央のCPU用ヒートシンクは2018年モデルよりも大型化しているのも確認できます。

シザー式キーボードの採用によって厚みが増加

MBA keyboard back
 
2020年モデルはシザー式キーボードであるMagic Keyboardを採用したことで、1mmのキーストロークを確保しています。その分、厚さは0.5mm増しましたが、iFixitは「たった0.5mmのためにユーザーはバタフライ式キーボードの不具合に悩まされ続けてきた。(2015年にMacBookで初採用されてから、ここまでの)全く無駄な5年間だった」と厳しいコメントを記しています。
 
キーストロークが伸びたのに伴って、ロジックボードや内部パーツがバックパネル側に押し出されたことになります。0.5mm押し出された分は、バックパネルの形状を変更して対応したようです。手元側の最薄部は4.1mmで変わらないのは「キーボード部の厚みが増したのが影響しないから」が理由のようです。

修理しやすさのスコアは3点から4点に向上

MBA2020 trackpad
 
iFixitは新型MacBook Airの修理のしやすさを、10点満点中4点と評価しています。バッテリーとトラックパッドの交換が容易になったことで、2018年モデルの3点から1点向上しています。
 
 
Source:iFixit
(FT729)

Source: iPhone Mania
新型MacBook Air、iFixitが分解して旧モデルと内部構造を比較

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.