デジタル関連

2020年のiPhone12は4モデル構成に?〜Pro仕様は「ミリ波」の5Gに対応

投稿日:


 
来年の発売が見込まれるiPhone12は、4モデル構成になり、そのうち2モデルは「ミリ波(mmWave)」の5Gに対応する、と米金融機関JP Morganが予測していることが明らかになりました。

3DセンシングモジュールはPro仕様モデルのみに搭載か

2020年のiPhoneは、これまでのような3モデル構成ではなく、4モデル構成となる見通しです。4モデル中2モデルは、5.4インチと6.7インチのディスプレイを搭載し、残りの2モデルは共に6.1インチのディスプレイ搭載となる見込みです。
 
新型iPhone4モデルのうち、6.1インチモデルの1つと、6.7インチモデルがPro仕様のハイエンドモデルになるとされており、デバイス背面にはトリプルカメラと3Dセンシングモジュールが搭載されるとの予測です。
 
5.4インチモデルともう1つの6.1インチモデルには、デュアルカメラが搭載され、3Dセンシングモジュールは搭載されない見通しです。

ハイエンドモデルのみが「ミリ波」の5Gに対応

JP Morganによれば、2020年のiPhoneモデルはすべて5G対応になるとのことですが、ハイエンドモデルのみがより周波数帯の高い「ミリ波」に対応するとみられています。
 
残りの2モデルは、より広範囲で利用可能で安定した、「サブ6GHz(sub-6GHz)」の5Gに対応見込みです。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Wccftech
(lexi)

Source: iPhone Mania
2020年のiPhone12は4モデル構成に?〜Pro仕様は「ミリ波」の5Gに対応

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.