デジタル関連

Apple Watch Series 5、40mmモデルのバッテリーに大きな変化が確認

投稿日:


 
先日、デバイスの分解で知られるiFixitが、Apple Watch Series 5(44mmモデル)の分解を試みましたが、内部構造はSeries 4とほとんど変わらないことが明らかになりました。しかし今回、iFixitがSeries 5の40mmモデルの中身を調べてみたところ、バッテリーが大きく変わっていることがわかりました。

アルミ製ケーシングでバッテリー容量が10%増

Apple Watch Series 5の44mmモデルは、コンパスなどの新しい部品が加えられたことを除いてほとんど中身がSeries 4と変わらないことが判明したばかりですが、今回Series 5の40mmモデルのバッテリー構造が大きく変化していることが明らかになりました。
 
通常、バッテリーは黒い箔(はく)に覆われているものですが、Apple Watch Series 5(40mmモデル)のバッテリーはアルミ製とみられるしゃれたケーシングに入っています。iFixitによれば、このようなケーシングがApple製品のバッテリーに使用されたことはこれまでにないとのことで、今後バッテリー交換の仕方が変わっていく可能性が指摘されています。
 

 

 
この新しいバッテリーケーシングにより、同じスペースの中により多くのバッテリー容量を積み込むことが可能とされています。結果として、Series 5のバッテリー容量は10%増加しています。
 

2015年に申請された特許技術か

Series 5(40mmモデル)のバッテリーケーシングには、2015年にAppleが申請した特許技術「効率的なバッテリー袋(Efficient Battery Pouch)」が使用されているかもしれない、とiFixitは推測しています。
 

 
iFixitがAppleのバッテリーケーシングの特許技術に関して最も興味を持ったのは、接着剤を使用せずにネジ止めできる点です。これが現実のものとなれば、バッテリー交換が行いやすくなるとされています。なお、残念ながらSeries 5のバッテリーは接着剤で固定されています。
 
 
Source:iFixit via 9to5Mac
Photo:Apple/Google Patents
(lexi)

Source: iPhone Mania
Apple Watch Series 5、40mmモデルのバッテリーに大きな変化が確認

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.