デジタル関連

次期iPhoneの秘密を守れ!Apple、機密情報流出との戦い

投稿日:

iPhone 11 Max iPhone XI Max Ben Geskin @BenGeskin CAD
 
Appleは、次期iPhoneをはじめ、未発表の製品情報が流出しないよう神経をとがらせていることで知られます。Appleが情報流出対策を強化したきっかけは、2013年にiPhone5cの筐体が数千台分も中国の工場から盗み出された事件でした。

未発表のiPhone5cの筐体、数千台が盗まれる

2013年、Appleの主要サプライヤーJabilの従業員が、数千台ものiPhone5cの筐体を中国の工場から盗み出す事件がありました。
 
Appleが9月のイベントに向けて内密に準備していた、iPhone5cのカラフルな外観デザインは、公式発表前にインターネットに流出し、多くの人に知られてしまいました。
 
この情報流出は、当時のAppleサプライチェーン関係の情報流出では史上最悪の事件となりました。
 
iPhone5c
 

Apple、情報流出対策チームを編成

Appleはその後、中国のサプライチェーンからの未発表製品の情報流出を防ぐべく、New Product Security(NPS)と呼ばれるチームを編成します。チームには、軍隊や諜報機関の出身者も採用されました。
 
NPSは、サプライヤーに全部品の在庫情報の報告、工場への監視カメラや金属探知器の設置、工場の現地査察などの対策を求める詳細なガイドラインを定めました。
 
工場への査察では、地下トンネルを掘って未発表製品を盗み出そうとした事件を未然に防ぐなどの成果も挙げました。
 
しかし、対策は常に順調だったわけではなく、iPhone用有機EL(OLED)ディスプレイを供給するSamsungが「製造技術の機密情報が盗まれる」と拒否するような抵抗にもあいました。

CADデータを扱うコンピュータはネット接続禁止

Appleは、製品の物理的持ち出しだけでなく、ネットワーク経由でのデータ流出にも神経をとがらせました。
 
CADデータを扱うコンピュータを外部のネットワークに接続せずに使うよう求めているほか、従業員によるスクリーンショット対策としてCAD図面には透かしが入れられています。
 
さらに、DropboxやGoogle Enterpriseの使用や、Appleとの連絡に外部のメールサービスを使うことも禁止しています。
 
近年では未発表製品の情報流出は減少し、Appleは昨年、NPSチームを縮小しました。

Jabliの違約金は約27億円

Appleはサプライヤーに対し、情報流出が起こった場合には捜査費用と違約金の支払いを求めています。
 
前述のJabilの場合、情報流出に対する違約金は約2,500万ドル(現在のレートで約27億円)と見られています。このほかにJabilは、顔認証カメラや防犯カメラの設置、約600人の警備員の雇用のために数百万ドル(数億円)を費やしています。
 
なお、Apple最大のサプライヤーであるFoxconnは、未発表情報の最大の流出元でもありますが、その影響力の大きさゆえに情報流出に対して違約金の対象となっていない、と報じられています。
 
 
Source:The Information via AppleInsider
Photo:Ben Geskin/Twitter
(hato)

Source: iPhone Mania
次期iPhoneの秘密を守れ!Apple、機密情報流出との戦い

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.