デジタル関連

Appleの新本社「Apple Park」の資産価値は41億7,000万ドル

投稿日:

Apple Park 2018年6月 Matthew Roberts
 
2017年から使われているAppleの新本社「Apple Park」の資産価値が41億7,000万ドル(約4,500億円)であることが判明しまいた。敷地内の建物の価値が35億ドルで、これに建物内外にある備品(コンピューター、家具、什器、他)などの価値が6億7,000万ドルとされます。

課税資産として公表

Appleの新本社「Apple Park」が所在するサンタ・クララ郡当局が固定資産税課税のために計算したApple Parkの資産価値が発表されました。それによると敷地内の建物を含む固定資産の価値は41億7,000万ドル(約4,500億円)となり、世界でも有数の資産価値を持つ建物であることが判明しました。
 
スティーブ・ジョブズ・シアター
 
Apple Parkには主な建物として、巨大な円形の社屋、発表イベントなどが開催されるスティーブ・ジョブズシアター、観光客でも入れるビジターセンターなどがあります。これら建物の評価額は35億ドル(約3,780億円)であり、Apple Parkの資産価値の大半を占めています。そして執務に使われるコンピュータやオフィス家具、店舗の什器などを総合してApple Park全体の資産価値が41.7億ドルと算定されました。

ワールドトレードセンタービルより高価

資産価値が41.7億ドルと算定されたApple Parkは世界でも有数の高価な建物ということになります。最も高価な建造物とされるメッカのマスジド・ハラーム(1,000億ドル)や同じくメッカにあるアブラージュ・アル・ベイト・タワーズ(150億ドル)、フランスにある核融合施設(250億ドル)には及ばないものの、Apple Parkの価値は再建されたニューヨークのワールド・トレードセンタービル(35億ドル)を上回ります。
 
なおAppleはApple Parkの固定資産税として毎年約4,000万ドル(約43億円)を支払うことになるとされます。しかしAppleの時価総額1兆ドル(約108兆円)に比べると本社の資産価値41.7億ドルも毎年の固定資産税4,000万ドルも小さな数字に見えなくもありません。
 
 
Source:AppleInsider
(KAZ)

Source: iPhone Mania
Appleの新本社「Apple Park」の資産価値は41億7,000万ドル

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.