生活関連

【魁!! アプリ塾】これをゲームと言って良いのか? 筋トレでマッチョを育成する放置ゲーム『マッチョGO GO GO』

投稿日:

近年は健康志向が進み、ジム通いをする人も増えている。低糖質ダイエットの流れを受けて、糖質の摂取を抑えるメニューを提供するお店も少なくない。NHKで放送した『筋肉体操』が反響を呼び、マッチョに対する評価が飛躍的に高まっている。

そんなマッチョを育成するゲームアプリが存在した。その名も「マッチョ GO GO GO」である。キャラクターに筋トレを繰り返させ、理想のマッチョに仕上げるというもの。放っておくとずーっと筋トレをしている。これをゲームと言って良いのか? いいんです!

・最初からマッチョ

ゲームを端末にインストールすると、最初に利用規約が表示される。要約版を見てみると、さっそくマッチョだ。簡単に説明された規約の語尾が全部「マッチョ」。

ホーム画面に移ると、そこはまるでホームジム。筋トレに最低限必要な器具があり、細マッチョのキャラクターがパンツ一丁で立っている。まるで筋トレをしたくてウズウズしているように見える。

・無限に筋トレしている

それでは筋トレを始めよう。画面左下の力こぶのアイコンをタップすると、初期段階で挑戦可能な筋トレメニューが表示される。ゲームを進めたら、さらにチャレンジできるメニューが増えるようだ。

軽くカーフレイズ(ふくらはぎ周辺のトレーニング)をやってみると、キャラの動きがなかなかリアル。

次はプルアップ(懸垂)。キャラの動きはゆっくりだが、着実に1回1回をこなしている。

私(佐藤)はこの時、うっかりしていて細マッチョのキャラクターに筋トレをさせたままスマホを放ったらかし。約50分間放置してしまった結果、プルアップを1059回もさせていた。ごめん! 忘れてたよ。

これはかなりマッチョになったのでは? そう思ったのだが、1000回程度では身体に大きな変化は出ないらしい。

すぐに成果が見えないところも、現実と似ている。このゲーム、良くできてるわ~。

・キレてる!

そこそこ強化が進んだら、撮影モードでポーズを撮影してみよう。できるポーズもまた、初期の段階では限られている。ゲームを進めて新しいポーズゲットだぜッ!!

撮影モードでは背景の変更ができる。さらに掛け声をテキスト表示できるぞ! ボディビルのあの独特の掛け声だ!

テキストの位置や傾き、サイズの変更は可能だが、文字色は残念ながら変更できない。

自らの筋トレにいまいちやる気が出ないという方は、このゲームを試してみて欲しい。無心でトレーニングを続けるキャラに、きっと勇気をもらえるはずである。

参考リンク:マッチョGO GO GO「Google Play」「iOS」
Report:佐藤英典
Screenshot:Google Play「マッチョGO GO GO」


Source: ロケットニュース24
【魁!! アプリ塾】これをゲームと言って良いのか? 筋トレでマッチョを育成する放置ゲーム『マッチョGO GO GO』

-生活関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.