デジタル関連

Apple Watchのカメラ機能はバンド部分に搭載?そんな特許をAppleが取得

投稿日:

Apple Watch
 
近年、Apple Watchはセルラー通信が搭載されるなど、iPhoneから独立して単独で利用する機会が増えています。しかしApple Watchにはカメラが搭載されていないので、iPhoneを手放せないという人も多いのではないでしょうか。そんなユーザーもApple Watch単独で利用できるようになりそうな特許をAppleが取得しています。

バンド部分にカメラ搭載

Appleが取得した特許はApple Watchに直接カメラを搭載するのではなく、Apple Watchのバンド部分にレンズやセンサーなどのカメラ機能を搭載し、それを使って写真を撮影するというものです。バンド部分に搭載されるカメラということもあり、iPhoneのような綺麗な画像を撮影することはできないかもしれませんが、周辺の状況を記録する程度なら十分な性能になるはずです。
 
apple watch camera
 
この特許が実用化されれば、エクササイズの記録に写真を添付でき、ジョギングやサイクリングなどの記録がより楽しくつけられるでしょう。またApple Watchを単独で利用しているときに、気になる情報があれば、それを撮影して家に帰って調べ直すこともできるでしょう。Apple Watchを単独で使う機会が増えているだけに、バンドに搭載されるカメラの用途はかなり広そうです。

製品化されるかは不透明

ちなみにApple Watchのバンド取り付け部分にはデータの送受信が可能な端子があり、ここからバンドのカメラとApple Watch本体と連携するのでしょう。しかしこの端子は初代Apple Watchから存在が確認されているものの、未だに消費者向けの用途に使われていません。またAppleは大量の特許を取得することでも有名であり、今回の特許がすぐに「次期モデルでカメラ搭載バンドに対応」とはならないと思われます。
 
Apple watch
 
ただ、AppleがApple Watchにカメラ機能を付加する重要性を認識しているのは確かなようです。またカメラを搭載するならバンド部分がベストと考えて特許をとった可能性も大いに考えられます。そう遠くない将来、Apple Watchのバンドにカメラ機能が搭載される日が来るかもしれません。
 
 
Source:MacRumors
(KAZ)

Source: iPhone Mania
Apple Watchのカメラ機能はバンド部分に搭載?そんな特許をAppleが取得

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.