生活関連

ペヤング『激辛やきそば 超超超大盛 GIGAMAX』を食べてみた! ツラすぎて思い出が脳裏に蘇っちまったよ……

投稿日:

歳をとると、「食」は次第に細くなり、味が濃いものよりも薄いものを好むようになる。できれば大食いとか激辛とか、それらからは距離を置きたくなるものである。45歳の私(佐藤)は常日頃からそう思っているのだが……。

即席やきそばの『ペヤング』がそれを許してはくれなかった。2019年6月24日よりセブンイレブン先行で、あの超超超大盛りのGIGAMAXの激辛版を販売開始しやがった。なぜそんなものを作るのか。ためしに食ってみるしかないだろう……。

食ったよ! 泣きながら食ったよ!! 涙がポロポロ流れたよ(泣)

・見なかったことにしたい

コンビニの月曜発売の商品は大抵翌日の火曜日に入荷している。この商品「ペヤング 激辛やきそば 超超超大盛 GIGAMAX」もまた、火曜日の午後には最寄りのセブンに入っていた。

う~ん……、できれば見なかったことにしたいが、そうも言っていられない。食わないことには、その味のほどがわからない。もしかしたら、全然辛くないかも。とりあえず1つ買って帰った。

・カロリーの微々たる差

容器のサイズは、昨年発売開始したカロリーモンスターの「GIGAMAX」と同じ。ちなみにカロリーはGIGAMAX(2142kcal)よりも6kcal低い、2136kcalだ。微々たる違いだ。いっそ同じカロリーを表記していたとしても、誰も気づかないレベル。

これを食べずにレビューする方法があれば……。そんなヨコシマな気持ちをかき立てるほど、暴力的な見た目である。

・つくり方

フタを開けると、通常のペヤングの約4倍の麺が見える。

そしてソースの色の毒々しさと言ったら……。

1300mlの熱湯を入れて3分待つ。これだけの量なのに、待ち時間が通常のペヤングと同じであることにまた驚く。

・匂いが辛い!

さて、ここからが激辛やきそばの本領発揮だ。ソースの袋を開けると、鼻の奥を突き刺すような刺激臭が漂う。何コレ!? 匂いがすでに辛いんだけど!

立ち上る湯気が刺激臭を拡散しているように感じる。くぅ~! これ嗅いでいるだけで涙が出て来そうだ

かき混ぜてみるものの、麺の量が多すぎてソースがうまく馴染んでいかない。その間も辛い匂いがプンプン! 私は今、一体何の準備をしているのか? 刺激的な匂いに耐えつつ、大量の麺をかき混ぜる。この状況は何なのか?

・実食!!

「ワシ、辛いの苦手なんじゃ~」とまったく似ていない、千鳥・ノブのモノマネを一発かまして……。

意を決して食いに行く! 四の五の言っても始まらない。とにかく食ってやる! 食う以上は完食じゃいッ!!

実際に食べ始めてみると、最初は意外と平気。前回食べた「ピーヤング 激辛春雨END」と同じく、序盤はほとんど苦しむことなく、食べ進めることができた。

だが……少し間をおいたタイミングで、予想通り辛味が活動開始! 時間差攻撃が始まったのである。半分を食べたところで辛味に耐えかねて水を口に含んだところ、そこで箸が完全に止まってしまった

しまった!

ひと休みしてすぐに “食い” に戻ろうとしたのだが、ふと頭をよぎった。「俺、何やってんだっけ?」と。

・思い出がよみがえる

この仕事に就いて10年、36歳の時から今までやって来て、新しい仲間も増えてようやく未来が少し見えてくる感じになった。今までいろんなことがあったよなあ。悔しさで泣いたことが2回ほどあったっけな。この仕事、辞めようと思ったことも1度や2度じゃなかった。

そんな日々がようやく何かの形になろうとしてる。ここまでの道のりは決して穏やかではなく、むしろ表向きよりもツライことの方がずっと多かったよ。

若い人も増えて、メンバーによっては俺と親子ほどの歳の差がある。これからは彼らの時代だ。自分なりに面白いと思うこと、一生懸命やって欲しい。自分の思う「くだらないことを真剣に」をやって行って欲しい。俺は前に出ることを少し控えよう。前からやってみたかったことに時間を割くんだ。

できれば、肉体的負担の大きいことは若いメンバーに任せて行きたい。そんなことを思ってるんだよな~……。

なのになんで今、こんなに辛くて量の多いものを、目に涙をためながら食ってんだろ~……。ツライ、ツラすぎる。ギブアップしちゃおうかな~……。

・だがしかし

しかし私はこうも思う! 自分が手本にならなければ、のちのち「だって、佐藤さんだって激辛ペヤング諦めたじゃないですか」って言われることになりかねない! ここで自分が諦めたら、ツラいことや苦しいことから逃げる見本になってしまうんじゃないのか?

イカン! それではイカン!!

一度置いた箸を手に取り、私は自らに言う。「もうちょっと頑張ってみよう!」と。

・ゴールが見えた

幸いなことに、すでに舌は辛味に対してある種の耐性とでも言おうか、感覚がマヒしてしまったらしく、食べ始めほどつらくない。

そして食う!

さらに食う!!

こうして無事にたいらげることに成功したのである! よかった、諦めなくて本当によかった!!

・無理なく食べよう

こうして、私と激辛GIGAMAXの戦いは終わった。手ごわかった、かなり手ごわかったぞ。ちなみに、翌日お腹を壊したこともお伝えしておこう。かなり辛味が強いので、辛いモノ好きな人も心して食べて欲しい。無理して完食すると本当に身体に負担がかかるので、体調と相談して食べるのがいいだろう。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24
ペヤング『激辛やきそば 超超超大盛 GIGAMAX』を食べてみた! ツラすぎて思い出が脳裏に蘇っちまったよ……

-生活関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.