デジタル関連

AppleがSpotifyに反撃〜手数料が取られているのは有料会員のわずか0.5%

投稿日:

Spotify
 
Spotifyが不当と主張しているAppleの15%のレベニューシェア(売上に対するAppleの取り分)ですが、「実際に手数料が取られているのは有料会員の0.5%ほどに過ぎない」とAppleが反撃に出たことがわかりました。

3カ月のときを経てAppleが反論

SpotifyAppleを独占禁止法違反で欧州委員会に提訴したのは3月のことです。Spotifyの言い分は、Appleが30%の手数料を不当に徴収しているというものでしたが、Appleがすぐさま反論し、ユーザーが年間購読して1年経つと手数料は15%に半減されると述べました。
 
その後、約3カ月間にわたってAppleからSpotifyへの返答は何もありませんでした、Appleがついに反撃に出た、と米メディアCNETが報じています。

30%の手数料が取られているユーザーはもう存在しない

Appleによれば、現在Spotifyは30%の手数料をいっさい支払っておらず、15%の手数料が取られている有料会員の数も68万人に過ぎない、とコメントしています。この数字を見る限り、Spotifyが主張しているような競争の妨げにはなっていない、というのがAppleの言い分のようです。
 
Spotifyは、2016年にすでにAppleのアプリ内課金を排除しており、それ以降はiPhoneやiPadアプリを介して新規会員を獲得していません。アプリ内課金がまだ存在していたころに有料会員となったユーザーの料金から徴収される手数料も、すでに最低1年が経過しているため、30%ではなく、現在は15%のはずです。
 
SpotifyはAppleの手数料を完全に避け始めてからも登録者数を大きく伸ばしており、Appleの手数料が成長を妨げているというのは筋違い、とAppleは主張しています。
 
 
Source:CNET
(lexi)

Source: iPhone Mania
AppleがSpotifyに反撃〜手数料が取られているのは有料会員のわずか0.5%

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.