デジタル関連

新規とリピーターの合計がユーザー数の合計と違う理由を知る

投稿日:

248 レポートの疑問

新規とリピーターの合計がユーザー数の合計と違う理由を知る

すべてのセッション][新規ユーザー][リピーター]のセグメントを適用して分析していると、新規ユーザー数+リピーター数=すべてのセッションのユーザー数、にはなっていないことに気付くと思います。以下の例では1,545,092(新規ユーザー)+545,942(リピーター)=2,091,034となり、1,921,522(すべてのユーザー)とは一致しません。

使用画面ユーザー > 概要

新規とリピーターの合計がユーザー数の合計と違う理由を知る - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

これはレポートの期間中、1人のユーザーが新規ユーザーとしてもリピーターとしてもカウントされており、MECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive:もれなく、ダブりない状態)にはならないことに起因しています。例えば、以下のような場合です。

  • 7月1日:ユーザーAが初めてサイトを訪問した
  • 7月2日:ユーザーAが2回目の訪問をした
  • 7月3日:ユーザーAが3回目の訪問をした

このとき、7月のユーザー数が1となることに異論はないでしょう。サイトを利用したユーザーはAしかいないためです。しかし、新規ユーザーは1人、リピーターも1人とカウントされるため、新規ユーザー+リピーターは2となり、すべてのユーザー数(=1)とは一致しないわけです。

ユーザー数ではなくセッション数は、新規ユーザー+リピーター=すべてのセッションが成立します。上記の例でもそれが確認できるはずです。

木田和廣

ある期間においては、1人のユーザーが新規ユーザーとリピーターのそれぞれとしてカウントされる場合があります。よって、異常な値ではありません。

Source: できるネット
新規とリピーターの合計がユーザー数の合計と違う理由を知る

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.