デジタル関連

広告の掲載位置によるパフォーマンスの違いを確認する

投稿日:

218 AdWordsの分析

広告の掲載位置によるパフォーマンスの違いを確認する

リスティング広告について、AdWords(現:Google広告)の管理画面では「平均掲載順位」のみがわかります。「4.8位」とあれば4位か5位に掲載されたと理解しがちですが、実際には3位や6位にも掲載されています。より詳細な掲載位置を確認するには、以下のカスタムレポートを作成します。

カスタムレポートの設定内容

要素名内容
種類フラットケーブル
ディメンションキーワード
AdWords広告スロット
指標表示回数
クリック数
クリック率
(その他)※
フィルタ参照元/メディア 完全一致 google / cpc

※費用、クリック単価、セッション、新規セッション率、トランザクション数、収益、eコマースのコンバージョン率、1回のセッションあたりの値などが適当

広告の掲載位置によるパフォーマンスの違いを確認する - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

ディメンション「AdWords広告スロット」の項目として表示される「Top」は、広告の掲載位置がGoogleの検索結果ページの上部(プレミアムポジション)であることを示しています。もう1つの「RHS」は検索結果の右カラム(Right Hand Side)の意味です。このレポートを利用すれば、広告を上部または右カラムのどちらに掲載すべきか、何位に掲載されるのを狙うべきか、合理的なヒントを得ることができるでしょう。

ポイント

  • 具体的な掲載位置を示すディメンション「広告スロット位置」は、本書執筆時点では廃止されたとの注釈が付いています。利用しないほうがいいでしょう。

やみくもに上部を狙うと費用が膨れあがってしまいます。右カラムでも十分なクリック率があるなら、上限CPCを抑えるのも1つの戦略です。

Source: できるネット
広告の掲載位置によるパフォーマンスの違いを確認する

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.