デジタル関連

ユーザーの定着度を確認し、中期的に有効な施策を見つける

投稿日:

189 集客の施策

ユーザーの定着度を確認し、中期的に有効な施策を見つける

ワザ114で解説した[コホート分析]レポートでは、集客した新規ユーザーの「定着度」がわかります。このレポートを活用すれば、「定着率の高い施策」や「定着率の高いユーザー層」を特定し、効率よくユーザー数やセッション数を増やすことが可能です。

例えば、自然検索とリスティング広告で獲得したユーザーの定着率を比較したい場合、レポートを以下のように設定します。仮にセグメント「有料のトラフィック」の定着率が「自然検索トラフィック」を上回っているとすると、ユーザー数を効率よく増加させるには、SEOよりもリスティング広告の施策を強化すべき、という判断ができます。

使用画面ユーザー > コホート分析

ユーザーの定着度を確認し、中期的に有効な施策を見つける - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

ポイント

  • 同様に、顧客の年齢層や性別、デバイス、国や地域、ランディングページなどを条件にしたセグメントを適用することで、定着率が高いユーザー層を発見できます。
  • レポートの[指標]は、ECサイトなら[ユーザーあたりの収益]、メディアサイトなら[ユーザーあたりのページビュー]を選択すると、サイトの目的により合致した「定着」の判断が行えます。

[コホート分析]レポートにセグメントを適用することで、ユーザーの再訪問を効率よく獲得している施策や属性、コンテンツなどを特定できます。

Source: できるネット
ユーザーの定着度を確認し、中期的に有効な施策を見つける

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.