デジタル関連

突然のセッション数や直帰率の大きな増減の原因を見つける

投稿日:

143 レポートの操作

突然のセッション数や直帰率の大きな増減の原因を見つける

ある期間でセッション数、直帰率、新規訪問の割合などが急激に増減した場合、その日付や原因をすばやく特定できるのが[グラフに表示]機能です。急激な増減があった日を含むレポート期間を表示したうえで以下のように操作すると、グラフに複数の線が引かれ、ディメンション(以下の例では「ページ」)のどの項目が増減をもたらしたのかを確認できます。

使用画面行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ

突然のセッション数や直帰率の大きな増減の原因を見つける - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

ポイント

  • グラフに追加できる項目は最大6つまでです。
  • グラフの状態を元に戻したいときは、レポートの操作機能(画面左側のメニュー)で同じレポート名をクリックするか、チェックマークをはずして[グラフに表示]をクリックします。
  • 「ページ」のほか、「チャネル」「ユーザータイプ」「ランディングページ」「デバイスカテゴリ」が、サイトパフォーマンスの大きな変化を見つけるのに特に役立ちます。

特定のディメンションメンバーにおける指標の変化を時系列で追うには、グラフにプロットしてみるのがいちばんです。

Source: できるネット
突然のセッション数や直帰率の大きな増減の原因を見つける

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.