デジタル関連

個別のユーザーにおける詳細なサイト利用状況を知る

投稿日:

115 ユーザーの分析

個別のユーザーにおける詳細なサイト利用状況を知る

Googleアナリティクスの登場以来、私たちが利用できるレポートは「複数のユーザーやセッションを束ねて、そのセグメントごとの振る舞いを可視化する」ものでした。例えば、スマートフォンでサイトを訪問したユーザー、自然検索でコンバージョンしたセッション、といった「複数の」ユーザーやセッションがまとまりになっており、「個別の」ユーザーではありません。

しかし、2016年4月ごろ、匿名状態の個別のユーザーについて、以下の情報を確認できる新しいレポート[ユーザーエクスプローラ]が追加されました。

  • いつ、どのようなチャネルからユーザーの新規訪問を獲得したのか?
  • そのユーザーが、どのページをどのような順序で閲覧し(あるいはイベントを発生させ)、いくらのどの商品を購入したのか?
  • そのユーザーは初回訪問から現在までの累計で、何回のセッション、何分のセッション時間、何回のトランザクションや目標完了をもたらしたのか?

使用画面ユーザー > ユーザーエクスプローラ

個別のユーザーにおける詳細なサイト利用状況を知る - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

[ユーザーエクスプローラ]レポートを表示すると、最初は上記の画面になります。ディメンション「クライアントID」は、個別のユーザー(ユニークなブラウザー)を識別するCookieの値をもとに生成されたものです。このクライアントIDごとに以下の指標が並んでいます。

  • セッション(累計)
  • 平均セッション時間
  • 直帰率
  • 収益(累計)
  • トランザクション数(累計)
  • コンバージョン率(通算)

これらの指標から気になるユーザーを見つけ、[ユーザーレポート]画面を表示すると、以下のようになります。そのユーザーのライフタイムバリュー系のデータを集約したスコアカードが上部に表示され、下部には詳細なサイト利用状況(セッション時間、ページビュー、イベント、トランザクション、目標完了)が時系列で並んでいます。

個別のユーザーにおける詳細なサイト利用状況を知る - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

新しいデータが取れるレポートではありますが、すべてのユーザーの行動を確認するのは不可能ですし、確認したとしても、アクションにつながる知見を引き出すのは困難です。「収益のライフタイムバリューが高いユーザーには、どのようなサイト利用パターンがあるのだろうか?」といった仮説を持ったうえで、いくつかのユーザーの詳細なサイト利用状況を見て検証する、というのが、このレポートの現実的な利用方法となります。

ポイント

  • このレポートとセグメントを組み合わせれば、「自然検索から初回訪問したユーザーは、その後サイト内でどのような行動をするのか?」「商品Aを購入したユーザーは、どのようなページ遷移によって購入に至ったのか?」といった疑問の回答を得られます。

ユーザーエクスプローラは、Googleアナリティクスのレポートの中で唯一「個別のユーザーのサイト利用状況」を表現してくれます。

Source: できるネット
個別のユーザーにおける詳細なサイト利用状況を知る

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.