デジタル関連

ユーザーがどのようなことに興味を持っているのかを知る

投稿日:

107 ユーザーの分析

ユーザーがどのようなことに興味を持っているのかを知る

[ユーザー属性]配下のレポート群と同様に、Googleの広告ネットワークから類推したユーザー属性をインポートして生成される情報として、[インタレスト]配下のレポートがあります。

使用画面ユーザー > インタレスト > 概要

ユーザーがどのようなことに興味を持っているのかを知る - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

[概要]のほか、以下のレポートが提供されています。

[アフィニティカテゴリ]レポート

Google AdWordsが規定している、ユーザーと高い親和性を持つ興味・関心の分類がディメンションとなっています。分類は100種類程度あり、代表的なものは以下の通りです。

主なアフィニティカテゴリ(ユーザーの興味・関心の分類)

順序
Beauty & Wellness/Beauty Mavens美容の達人
Food & Dining/Cooking Enthusiasts料理愛好家
Food & Dining/Foodies食い道楽
Home & Garden/Home Decor Enthusiastsインテリア愛好家
Lifestyles & Hobbies/Art & Theater Aficionados芸術・芝居マニア
Lifestyles & Hobbies/Fashionistasファッション愛好家
Lifestyles & Hobbies/Outdoor Enthusiastsアウトドア愛好家
Media & Entertainment/Music Lovers音楽愛好家
News & Politics/News Junkiesニュース好き
Shoppers/Value Shoppers買い物好き/価格重視
Sports & Fitness/Health & Fitness Buffsスポーツと健康好き
Technology/Technophiles新技術好き
Travel/Business Travelersビジネス旅行者

[購買意向の強いセグメント]レポート

Googleのアルゴリズムによって計算された、特定の商品カテゴリに対する購入意欲の強いセグメントと説明されています。分類は350種類程度あります。

使用画面ユーザー > インタレスト > 購入意向の強いセグメント

ユーザーがどのようなことに興味を持っているのかを知る - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

[他のカテゴリ]レポート

ユーザーのサイト訪問履歴と経過時間から類推される、ユーザーが今、興味を持っている興味関心の分類です。分類は1,200種類程度あります。

いずれもセカンダリディメンションを活用し、年齢や性別との掛け合わせが可能です。また、セッションの多いセグメント、コンバージョン率の高いセグメントを確認することもできます。そもそもがGoogle AdWordsでの分類に基づいているので、ディスプレイネットワークを利用して特定のアフィニティカテゴリをターゲットとした広告を掲載するのも有効な施策となるでしょう。

ポイント

  • [インタレスト]配下のレポートを利用するには、[管理]画面で[ユーザー属性レポートとインタレストカテゴリレポートの有効化]を行う必要があります(ワザ056を参照)。

ユーザーの嗜好性や興味関心からコンバージョン率の高いセグメントを見つけ、サイト訪問を促す施策を考えてみましょう。

Source: できるネット
ユーザーがどのようなことに興味を持っているのかを知る

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.