デジタル関連

「平均ページ滞在時間」を正しく理解する

投稿日:

085 重要な指標

「平均ページ滞在時間」を正しく理解する

平均ページ滞在時間」はページに対する指標です。特定のページが表示された時刻と、セッション中の次のページが表示された時刻の差が、ページ滞在時間となります。平均ページ滞在時間は、全ユーザーのページ滞在時間の合計を、全体のページビュー数で割ることで求められます。[行動]メニューの[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]レポートのほか、[ディレクトリ]レポートでは特定ディレクトリのページ全体を対象とした平均滞在時間を確認できます。

使用画面行動 > サイトコンテンツ > ディレクトリ

「平均ページ滞在時間」を正しく理解する - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

セッション時間と同様に、セッションの最終のヒットとなったページについては、ページ滞在時間を計算できません。そのため、平均ページ滞在時間の算出上は無視されます。

例えば、以下のような3つのセッションがあった場合、index.htmlは4ページビューありますが、滞在時間はセッション2と、セッション3と最初のヒットの2回分しか計算されません。そのため、滞在時間の合計は10分、母数となるページビューはセッション中の最終ヒットとならなかった回数である2となり、平均ページ滞在時間は10分÷2=5分となります。

  • セッション1 index.html(?分滞在)
  • セッション2 index.html(5分滞在)→article.html(?分滞在)
  • セッション3 index.html(5分滞在)→article.html(10分滞在)→index.html(?分滞在)

平均ページ滞在時間は、ページを熟読した度合いを知るための指標として用いられますが、そのページで離脱した場合の滞在時間はわかりません。

Source: できるネット
「平均ページ滞在時間」を正しく理解する

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.