デジタル関連

ティム・クックCEO、インタビューで「Sign in with Apple」について語る

投稿日:


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、米放送局CBSの夕方のニュース番組に登場し、iOS13で新たに導入されたプラシバシー重視のシングルサインオン(SSO)「Sign in with Apple」導入のいきさつについてコメントしました。

「Sign in with Apple」はユーザーの要望に応えた新サービス

Sign in with Apple」は、送信する個人データを最小限に抑えられるよう設計されており、様々なアプリやWebサイト、サービスに個人メールアドレスを共有せずにログインすることができます。
 
クックCEOは、CBSのインタビュアーに「FacebookやGoogleに対して挑戦しているのか」と聞かれると、以下のようにコメントしました。
 

誰かに挑戦しているわけではない。監視されずに様々なWebコンテンツにアクセスしたいというユーザーの要望に焦点を当てている。プライバシー保護を前に進めているが、これは真っ当な願いだと思っている。

プライバシーがなければ民主主義は衰退する

クックCEOは、インタビュアーに「Facebookはユーザーの安全性を気にかけていると思うか」と質問されると、次のように回答しました。
 

多くの人が(プライバシーについて)気にするようになってきている。… …気分を害されている人も大勢いるが、問題視する必要があるため、良いことだと考えている。もしプライバシーがまったくなければ、表現の自由度は低下する。なぜなら何をやってもだれかが見ていると思うようになるからだ。これはアメリカにとっても良くないし、民主主義にとっても良いわけがない。

 
クックCEOのインタビューの全貌は、CBSのツイートの中で視聴することができます。
 

 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

Source: iPhone Mania
ティム・クックCEO、インタビューで「Sign in with Apple」について語る

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.