生活関連

外観はどう見てもブティックなのにデニッシュ食パンが激ウマなお店「ゴールドスターベーカリー」

投稿日:

私(佐藤)はこれまでに再三にわたって、「店構えは重要」と訴えている。しかしその忠告を無視して……、そもそも私がそんなことを言ってるとは知らずに、予想を裏切る店構えで営業をスタートするお店がある。

2019年4月にオープンした「ゴールドスターベーカリー」もそんなお店のひとつ。実際にお店のある東京・六本木に行ってみた。すると、想像を超える店構えであった。

・ブティックじゃないのか!?

パン屋には見えないという噂を聞きつけて、さっそく住所地まで行ってみると……。これがパン屋だとッ!?

どう見てもブティックじゃないか!

『GOLD-STAR』と記された看板の下には、『Fashion Sapce』の文字。やはりブティックでしょ。だって、店頭のディスプレイにはドレスが陳列されてるんだもの。

……と、ちょっと待てよ。その向こうに立て看板がある。そこには「京都生まれの高級デニッシュパン」とある。聞きつけた噂は本当だったのか。

・2階はブティック、1階はベーカリー

中に入ると、左手の方にカウンターがあり、カウンター後ろの飾り棚には1斤ずつ小分けにされた食パンが並べられている。お店の人に話を聞くと、ブティックは2階で営業を行っており、以前はこの飾り棚に女性モノのアクセサリー等が置いてあったそうだ。

現在は高級デニッシュ食パン。プレーンが1斤サイズ750円。2斤サイズが1000円となっている。そのほかにもいくつか種類があり、私は今回プレーン1斤のほか、ショコラ―デ1斤(1000円)とメープル1斤(899円)を購入した。

・日持ちする食パン

このパンの袋には特殊な加工が施されているそうで、一般的な食パンに比べて未開封のままだと長く日持ちするそうだ。2019年5月30日に購入したこのパンは賞味期限6月7日。暑くなって来た今時期なら、湿気が多く2~3日放置しただけでカビがつきそうなものだが、開けない限り1週間はもつとのこと。

という訳でプレーンを開封した。開けると甘い香りがフワリと立ち上がる。う~ん、パンの香りはなぜ心を癒してくれるのだろうか。もうずっと嗅いでいたい気持ちになる

近頃は最初に「生食」を勧める高級食パンのお店が多いのだが、ここは焼いて食べて欲しいという。デニッシュ生地なのでトーストした方がその持ち味が発揮されるのだとか。

1センチ程度の厚さにカットして、トースターで焦がさないように焼く。表面にキツネ色の焼き目がつく程度に加熱する。

・トーストして食うべし

パンの香りが部屋の一部を支配して、幸せな気持ちにあった頃に、取り出して白い器にのせてやる。

何もつけないまま口に放りこむと、ザクリとした歯触りが心地よい。お店の人は「揚げたてのトンカツの衣のよう」と表現していたが、あながち間違いではない。デニッシュパンの織り込まれた生地が細かく、繊細であるために、実現できる軽やかな食感なのではないだろうか。

ちょっとイタズラ心で「パン屋さんって気づかずに素通りする人、いませんか?」と尋ねると、「変えた方がいいですかね?」と仰るので、私は慌てて「とんでもない!」と否定した。ベーカリーとわかったほうが良いには良いけど、これはこのお店の個性だと思う。できれば、このまま貫いて欲しい。

ちなみに、2階のブティックと1階のベーカリーのオーナーは同じため、こうなったのだと最後に聞くことができた。皆さん、店を見落として素通りしないように。

・今回紹介したお店の情報

店名 ゴールドスターベーカリー
住所 東京都港区六本木5-2-2 森本ビル 1F
営業時間 10:30~19:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24
外観はどう見てもブティックなのにデニッシュ食パンが激ウマなお店「ゴールドスターベーカリー」

-生活関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.