デジタル関連

目標(コンバージョン)について理解する

投稿日:

036 目標の設定

目標(コンバージョン)について理解する

Googleアナリティクスの標準の設定では、サイトの成果となる目標(コンバージョン)が自動的には記録されません。どの地域から、どのようなデバイスを使って、サイト内のどのページをランディングページとして利用したかは、何も設定しなくてもわかります。しかし、そのユーザーが期待する行動を起こしてくれたかどうかは、事前に設定しなければわかりません

なぜなら、「ユーザーのどのような行動が望ましいのか」、つまり「何が目標となり得るのか」はサイトによって異なり、そのサイトのWeb担当者自身でしか設定できないためです。代表的な目標としては以下が挙げられます。

  • 購入の完了
  • メールマガジン登録の完了
  • 会員登録の完了
  • 問い合わせや資料請求の完了
  • 特定のファイルのダウンロード
  • 特定のサイトへの誘導(リンクのクリック)
  • 商品詳細ページへの到達
  • カートへの投入
  • 1回のセッションで、一定数以上のページを閲覧すること
  • 1回のセッションで、一定時間以上サイトに滞在すること

Googleアナリティクスにおける目標は、Web解析の目的である「成果と施策の紐付け」の「成果」を可視化するために必須です。上長や同僚とも相談したうえで設定しましょう。

ポイント

  • 目標には、サイト内でユーザーに起こしてほしい行動を設定します。
  • 1つのビューにつき最大20個の目標を設定できます。
  • 上記の例のような最終的な目標だけでなく、それに至る道筋において重要なユーザーのアクションをGoogleアナリティクスの目標として設定するのも有効です。こうした中間的な目標は「マイクロコンバージョン」と呼びます。

目標は最重要な設定項目ですが、何を目標とするかは、よく考える必要があります。また、マイクロコンバージョンについても考えてみましょう。

Source: できるネット
目標(コンバージョン)について理解する

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.