デジタル関連

サイト全体の合計や平均を見ず、セグメントを見る

投稿日:

004 サイト改善の考え方

サイト全体の合計や平均を見ず、セグメントを見る

多くのサイトでは、予算という形で定量的な目標が設定されていると思います。例えば、ECサイトでは「2018年4月の売上予算:1,500万円」といった目標があるでしょう。このとき、売り上げの見通し金額が1,000万円であったら、サイト改善が必要な状況だと言えます。

ECサイトの売り上げは「セッション数×コンバージョン率×平均単価」で概算できるため、サイト改善ではセッション数とコンバージョン率を上げればいい、ということはわかります。しかし、サイト全体のセッション数の合計や、コンバージョン率の平均に着目していては、改善のアクションは生まれません。なぜなら、改善のために何をすればいいのか、具体的な施策を引き出すための仮説を立案できないからです。

サイト改善は以下のように、全体の合計や平均から部分=「セグメント」を取り出すところから始まります。それぞれのセグメントにおけるセッション数やコンバージョン率を確認し、セグメントごとに仮説を立案することで、改善をスタートさせることができます。

サイト全体からセグメントを取り出す例

サイト全体の合計や平均を見ず、セグメントを見る - できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

ポイント

  • 上記の図ではユーザーの流入元をセグメントとして取り出していますが、ほかにも「新規ユーザーとリピーター」「ランディングページ」「地域」などの軸があります。
  • この図におけるセグメントでは、自然検索(検索エンジンからのアクセス)のコンバージョン率が高いのに対して、セッション数は少ないことがわかります。よって、「自然検索のセッション数を増やせば、売り上げの改善に大きく寄与する」という仮説が成り立ちます。

サイト全体の合計値や平均値は参考にはなりますが、それだけを見ていても、サイト改善のアクションは立案できません。

Source: できるネット
サイト全体の合計や平均を見ず、セグメントを見る

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.