デジタル関連

Apple、iOS12.3などの開発者向けベータ3を公開、新元号「令和」に対応

投稿日:

iOS12 パフォーマンス 正式版
 
Appleは現地時間4月8日、iOS12.3、macOS 10.14.5、watchOS 5.2.1、tvOS 12.3のそれぞれに開発者向けベータ3を公開しました。日本の新元号「令和」や「元年」の表示に対応しています。

iOSやmacOSが「令和」に対応

iOS12.3、macOS 10.14.5のリリースノートでAppleは、2019年5月1日に始まる日本の新元号「令和(Reiwa)」に対応したと発表しています。
 
また、最初の1年間を「1年」ではなく「元年」とする表示、短縮形で「R1/05/01」とする表示にも対応しています。
 
Apple iOS12.3 ベータ3 リリースノート
 
なお、iOS12.3ベータ2では、既知の問題として、言語が日本語の状態で、5月1日以前にシステムの日時を変更すると動作に異常が起きると説明しています。

「Apple Card」に向けたWalletアプリの変更なども

米メディアAppleInsiderによると、iOS12.3ベータ3では、iPad使用時のパームリジェクションの問題が改善されているほか、アメリカで提供される「Apple Card」に向けたWalletアプリの動作が改善されていること、「TV」アプリの動作に変更が加えられていることが確認されています。
 
macOS 10.14.5ベータ3、watchOS 5.2.1ベータ3、tvOS 12.3ベータ3では、特に大きな変更や新機能の追加は確認されていません。
 
 
Source:Apple, AppleInsider (1), (2), AAPL.ch
(hato)

Source: iPhone Mania
Apple、iOS12.3などの開発者向けベータ3を公開、新元号「令和」に対応

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.