デジタル関連

「国内スマホゲーム市場は初の1兆円超え、今後も成長続く」矢野経済研究所が発表

投稿日:

Apple iPhone XS プレスリリース ゲーム
 
矢野経済研究所は、国内スマホゲーム市場についての調査結果を発表しました。2017年度の国内売上高は、調査開始以来初となる1兆円の大台を突破し、翌年度以降も成長が続くと見込まれています。

前年比8.9%増加で1兆円を突破

矢野経済研究所によると、2017年度の国内スマホゲーム市場規模(メーカー売上金額ベース)は、1兆290億円で、前年度比8.9%の増加となりました。
 
同研究所が調査を開始して以来、1兆円の大台を超えるのは初めてです。
 
2017年度 スマホゲーム国内市場規模 矢野経済研究所
 
2017年度の動向として、有力アプリの人気が長期間にわたり持続していること、有力国内メーカーによる新規タイトル投入、海外ゲームメーカーの本格参入などにより市場が伸長した、と矢野経済研究所は分析しています。

「荒野行動」などのヒットが貢献も、新作のヒットは困難に

2017年度に特徴的なタイトルとして矢野経済研究所は、バトルロイヤルゲーム「荒野行動」の国内投入を挙げています。「荒野行動」は、仲間とボイスチャットなどでコミュニケーションを取りながら目的を共有して遊べることが受け、市場拡大に貢献しています。
 
一方、スマホゲーム市場はここ数年で成熟が進み、開発期間とコストをかけてリリースされた新作タイトルが十分な人気を獲得できないケースが増えており、新作タイトルのヒットが難しくなる傾向にあります。
 
なお、この市場規模にはアプリとブラウザによるアプリ内アイテム課金によるメーカー売上金額で算出しており、海外売上および広告収入は含まれません。

2018年度も引き続き成長継続

矢野経済研究所は、2018年度の国内市場規模は、前年度比3.0%増加し1兆600億円へと拡大すると予測しています。
 
その理由として、任天堂による有力タイトルの展開、海外メーカーによるクオリティの高いタイトルの継続投入への期待が挙げられています。

秋には「Apple Arcade」が開始

2019年秋には、Appleがゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を世界150の国と地域で開始する予定です。
 
「Apple Arcade」の利用料金などの詳細は明らかにされていませんが、日本でもサービスが提供されると見込まれます。
 

 
 
Source:矢野経済研究所
(hato)

Source: iPhone Mania
「国内スマホゲーム市場は初の1兆円超え、今後も成長続く」矢野経済研究所が発表

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.