デジタル関連

IFERROR関数/IFNA関数でエラーの場合に返す値を指定する

投稿日:

エラーの場合

IFERROR/IFNA エラーの場合に返す値を指定する

対応バージョン(IFERROR関数):365 2019 2016 2013 2010
対応バージョン(IFNA関数):365 2019 2016 20132010

IFERROR関数は、[値]がエラー値[#DIV/0!][#N/A][#NAME?][#NULL!][#NUM!][#REF!][#VALUE!]のいずれかであれば[エラーの場合の値]を返し、そうでなければ[値]をそのまま返します。IFNA関数は、[値]がエラー値[#N/A]のときだけ[エラーの場合の値]を返し、そうでなければ[値]をそのまま返します。

Source: できるネット
IFERROR関数/IFNA関数でエラーの場合に返す値を指定する

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.