デジタル関連

Androidのアンチウイルスアプリの3分の2はほとんど役に立たないことが判明

投稿日:


 Google Playに掲載されている250個のAndroidアンチウイルスアプリを実際に2,000個のマルウェアに対して使用したところ、80%のアプリが最低ラインの保護を満たしていないことがアンチウイルスのテスト研究を行うオーストリア企業AV-Comparativesの調査で明らかになりました。

2,000個のマルウェアすべてをカバーしていたアプリは10個以下

存在が確認されているAndroidの2,000個のマルウェアすべてに対応していたアンチウイルスアプリは、わずか10個以下であったことがわかっています。また、3分の2以上のアプリは30%のマルウェア対応の最低保護ラインもクリアしておらず、ほとんど役に立たないことが判明しました。
 
「これらのアプリの主な目的は、開発者に容易(たやす)い収益をもたらすことで、ユーザーの保護ではない」と、AV-Comparativesは報告しています。

実際に役に立つウイルスアプリとは?

Androidのアンチウイルスアプリで実際に役に立つものはどのようなものなのでしょうか?
 
2,000個のマルウェアすべてをカバーしていた対応率100%のアプリは、「Bitdefender Mobile Security & Antivirus」「ノートン モバイルセキュリティ」「Avast – スマホセキュリティ」「dfndrセキュリティ」です。また、「無料 セキュリティ & ウイルス 対策 | Lookout」は99.6%のマルウェアに対応していました。
 

Bitdefender Mobile Security & Antivirus

 

dfndrセキュリティ:アンチウイルス、アンチハッキング、クリーナー

 
Googleの「Google Play プロテクト」はわずか69%のマルウェアしかカバーしておらず、あまり有用ではないこともわかっています。
 
 
Source:AV-Comparatives via Tom’s Guide
Photo:Uncalno Tekno/Flickr
(lexi)

Source: iPhone Mania
Androidのアンチウイルスアプリの3分の2はほとんど役に立たないことが判明

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.