デジタル関連

アプリの無料トライアルは慎重に~試用後のサブスク条件を確認しよう

投稿日:


 
スマートフォンはさまざまなアプリを自由にインストールできる拡張性がメリットですが、アプリをインストールする前にそのアプリが信用できるかどうか、ユーザー自身が注意する必要があります。
 
アンチウイルスソフト開発企業McAfee(マカフィー)は、音声録音やZipファイルを開くといった基本的な機能を利用するために、高額なサブスクリプション(定期購読)を契約させようとするAndroidアプリを確認したとして、公式ブログで注意を呼びかけています。

アプリの削除ではサブスクリプションの解約はできない

問題のアプリは、あわせて60万回以上ダウンロードされている「Voice recorder free」と「Zip File Reader」です。マカフィーによると、インストールすると「無料試用版」か「今すぐ支払う」という選択肢があり、試用版を選ぶと試用期間終了後の支払い情報を入力する購読ページが表示されます。しかし試用期間が終わると、「Voice recorder free」は月額242ドル(約27,000円)、「Zip File Reader」は週に160ドル(約18,000円)と高額なサブスクリプション料金を請求します。
 
今回指摘されているのはAndroidアプリですが、iPhoneなどiOS端末向けのアプリでも、試用期間終了後に週単位の請求が開始されるスキャナーアプリ、QRコードアプリや、広告をタップしただけで5,500円のサブスクリプションが発生するカメラアプリなどが確認されています。
 
こうしたアプリで無料試用期間後のサブスクリプションを止めたいとき、アプリをアンインストール(削除)するだけでは購読をキャンセルすることはできません。サブスクリプションの設定からキャンセルする手続きが必要になりますが、無料で利用できる期間中にキャンセルの手続きをし忘れると定期購読が始まり、請求が発生してしまいます。

アプリの無料トライアルを利用する前に

そうした事態になるのを避けるためにユーザー自身ができることがあるとして、マカフィーは以下のポイントを挙げています。
 

  • アプリのレビューを注意深く確認する
  • アプリに大量のダウンロード実績がある場合でも、アプリをインストールする前にレビュー(評価)を確認しましょう。
     

  • 細かい活字もしっかり読む
  • 無料の試用版を利用する際は、サブスクリプションでは週や月、年単位でどの程度の料金がかかるかを必ず理解しましょう。小さな文字サイズで記載されていてもきちんと確認し、機能に見合った金額か、また無料の試用期間が何日間かをチェックしましょう。
     

  • サブスクリプションのキャンセル手続きを忘れずに
  • アプリをインストールしたら、試用期間が終わる前にサブスクリプションを継続するか判断し、継続しない場合には忘れず課金のキャンセル手続きを行いましょう。アプリをアンインストールしても課金のキャンセル手続きをしていないと請求が継続します。

     
    iPhoneで定期購読中のアプリを確認するには、設定アプリを開きます(登録・解除方法など解説記事)。Apple IDの「登録」の項目で、これまでに定期購読したことがあるアプリ、現在定期購読が有効のアプリが確認でき、次に課金される定期購読契約の更新日もわかります。サブスクリプションを継続したくない場合は、次の課金日までにキャンセルしましょう。
     
    アプリ 定期購読 トライアル
     
     
    Source:McAfee公式ブログ
    (asm)

    Source: iPhone Mania
    アプリの無料トライアルは慎重に~試用後のサブスク条件を確認しよう

    -デジタル関連

    Translate »

    Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.